ペップ「今年は順番ではなかった」

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

チームの努力を労った監督。

ファンの期待に応え、自分たちの野心も満たすため、最後まで懸命に努力しながらも目標にあと一歩届かなかった夜。試合後の記者会見に臨んだペップ・グアルディオラは、今回のチェルシーとの対決を次のようにまとめています。「失点の場面では、小さなエラーが重なってしまった。私は落ち着いているよ。今は元気を取り戻し、そして次のことを考えていく時。こういった180分の後では、誰も責めることはできない。今年は、私たちの番ではなかったんや。残念なことではあるけれど、私たちは失敗をした」

◇全力を尽くし、届かなかった

世界中のクレが虚脱状態となった今回のチャンピオンズへのアディオス。ペップにとっても、冷静に試合を総括することはやはり難しかったようです。「まず去来するのは、深い悲しみやね。私たちは180分間、並外れたプレーを行った。ファイナルへと進むために、あらゆる手を尽くしたんや。けれどもゴールを決めきることができなかった。そして決定的な局面で、相手にゴールを許してしまった。ここへとたどり着くために、私たちは多くの努力を行ってきたよ。スタンフォード・ブリッジでは、イニエスタがロスタイムにゴールを決めてくれた。クラブムンディアルでは、ペドロがチームを救ってくれた。この1週間、私たちは3つの良い試合を行ったと思う。けれどもそれでは不十分やったんや。勝ち抜けるために私たちは全力を尽くした。しかし目標は果たせなかった。すばらしい守りをしたチェルシーを祝福したい。内にはいろんな感情が溢れているし、今は物事を分析するには明晰さがちょっと足りへんよ」

勇敢であることはペップの美点ですが、時には抑えなければならない時もある。グアルディオラはこう自省しています。「2-0となった時、私は選手たちに”攻めろ、攻めろ”と言ったんや。止まるのではなくてね。私たちは、そこでは止まるべきやったんや。そしてその後、チェルシーに得点が生まれた。でも私たちは正直やったし、いつもの私たちやった。ここから私は学んでいくと思う」

間違いなくこれは、ペップ時代での最も悲しい夜のひとつです。ミスターは言います。「一番悲しい夜かどうかは、私には分からへんよ。私たちは勝つためにあらゆることをしたけれども、それは不可能やった。重要なのはチームがまた、決勝進出にあと一歩のところまで迫ったことなんや。叶いはせんかったけれどね・・・3年前のイニエスタッソの喜びが、今日の痛みよりもずっと大きかったのは間違いがないよ」

◇ファンとメッシを称える

クラシコではどことなく元気のなかったカンプノウでしたが、今回は大きな声でチームを鼓舞していました。「スタンドのファンはスペクタクルやったね。試合最後のリアクションも印象的やった。おそらく私たちは、彼らのメンタルを変えたんやと思う。けれども私たちはもう一度、勝利を手にしなければならない。彼らは私たちに拍手を送るのに、いずれ飽きるやろうからね。昨日私は彼らに向け、不合理なプレーによって自分たちがファイナルへと進むような気がすると言った。私たちにとって痛手やったのは、2-1とされたゴールや。そしてペナルティを外したことで、彼らは勢いを得た。残り25分になったあたりで、私はティトに祈るしかないと言ったよ。今日私たちを後押ししてくれたファンに、私はとても感謝をしているんや。選手たちは今凹んでいるし、これもゲームの一部やとファンには理解してほしい」

ペップの賛辞は、レオ・メッシにも送られました。「私たちがここまで来れたのは、彼のおかげなんや。私は最大級に彼を称賛している。彼の大胆さ、勇気、マイナス10度のパンプローナでのプレー・・・彼は私たち全員にとっての鑑なんや。自分の競争力を知っているから、彼はこれから苦しい時を過ごすやろう。でもそれは、このスポーツのステキさでもある。笑うこともあれば、別のチームがミュンヘンへと行くことも受け入れなければならない。来シーズンの準備をしていかなあかんのや」

しかしその前には、リーガでの4試合と、コパのファイナルが残っています。モチベーションが難しいですが、チームはリアクションを起こさなければなりません。「明日ティトと話し合って、選手たちの様子がどうか、彼らの回復具合がどうかを見ていくよ。私たちはバルサであり、バジェカスには勝ちに行かなければならない」

会見ではペップに、こんな質問も飛んだそうです。”バルサの悪い結果のために、今夜生まれて初めて泣いた子供に何と言いますか?”。ミスターの答えはこうです。「その子はこれから、もっと何度も泣くことになると思う。クラブへとようこそ。これもスポーツの一部であって、常に勝ち続けることは不可能やからね。そやから重要なのは、良い仕事をすることなんや」

◇去就は数日内に

前日の会見でグアルディオラは、「自分の進退はこのチェルシー戦の結果とは無関係」だと語っていました。そして試合後の会見でもこの契約については訊ねられてまして、ペップはこう答えています。「私が続投するかどうかは、これから数日のうちに決めるよ。会長と話をして、クラブにとって何がベストなのかを決断していく。各状況について何もかも話し合い、決定するつもりや。今がその時やからね」

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る