何故アルバを放出したのか

フットボル・バッセの責任者が語った、7年前の放出の理由。

FCバルセロナのフットボル・バッセ(下部組織)責任者であるギジェルモ・アモールが、バルサTVの取材に対して、どうして7年前にクラブはジョルディ・アルバを出すことになったのか、その理由をこんなふうに説明しています。「アルバはなかなか身体が大きくならなかったんだ。彼の身長はかなり小さくてね、私たちは年下のカテゴリーで1年間、大きくなるかどうかを見ることにした。しかしその後、幾つかの状況によって私たちは彼を切らなければならなかった」

「子供たちの成長を見極め、誰がトップチームへと到達でき、フットボルの世界でプロになれると言うのはとても難しいことなんだ。とりわけそれがフットボル7をプレーしているような、小さな年代ではね」

それはたしかにそうでしょう。アモールはこうも言います。「フットボルでは人生と同じように、決断を下さなければならない。そして1人の人物が全ての決断を下すのは非常に困難だから、グループで働くのがいいんだ。シーズンを始めたばかりの選手を、戦力外と見なすことは出来ない。数ヶ月が経過するうちに、良い変化が訪れるかもしれないからね」

バルサでは実際、毎年何十人という子供たちが夢を絶たれてクラブを去っています。そんなチビッ子たちに、ディレクターはこうメッセージを送っています。「ここで全てが終わるわけではないと気付いてもらうために、クラブを去る子たちを励まさなければならない。フットボルには多くのチームがあるし、もし望むのであれば、別のチームは必ず見付かるんだ。そして努力を続けていれば、再び扉は開くかもしれない。そういうケースは数多く存在している」

トップへ戻る