危機打開に動くチーム

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

チームのピンチに、カピタンたちが一歩前へ。

チームがちょっとしたクライシスとなっているこの状況の中で、ただ指をくわえて見てるわけにもいかんでしょと、トップチームの4カピタン(プジョル、チャビ、バルデス、イニエスタ)が行動を起こすことにしました。昨日のトレーニング開始前、チャビとプジーの主導によって、長いカピタンミーティングを行われたのです。問題山積のバルサですから、話し合われたテーマは多岐にわたった模様。一朝一夕でこの状況が解決するわけではないですが、チームが一つとなって目標へと向かっていこうとするその姿勢が、なによりも重要となります。

まずチャビが主導

6日付のSPORT紙の記事によると、今回のカピタンたちのチーム再生作戦において、中心的役割を果たしているのがチャビ・エルナンデスだそうです。現在太ももを痛めて戦線離脱中の彼は、土曜日の屈辱的試合を自宅で観戦していました。一歩離れた位置から、あのチームのあり様を見たわけです。そして彼は外野のバルセロニスタ以上に激しく失望し、危機感に駆られた。自分もそのグループの一員だけに、彼にはバルサ失速の原因がフィジカルによるものではなく、メンタルにあると映りました。愛するバルサが今、心が折れそうでふらふらになっている。ならば自分が動くしかないだろうとチャビは決意します。

彼がまず取った行動は、チームの核であるレオ・メッシと話をすることでした。この月曜日(4日)、カタルーニャ年間最優秀選手賞の授与セレモニーにて、受賞者であるセルヒオ・ブスケツを祝うチャビとメッシの姿が報じられていましたが、カピタンとクラックはこの夜いっしょにご飯を食べながら(セルヒオ同伴)、チームの問題と今後の逆襲について長々と話し合ったそうです。

そこで至った結論は、(単純なことです)”バルサは以前のバルサに戻らなければならない”。目もくらむようなパスワーク、絶え間ないマーク外し、サイドを使ったプレー、縦への崩し、持たされるのではない絶対的なるポゼッション―。ただし、火曜日の公式会見でマスチェラーノも言っていますが、それを言うだけならば誰でも出来る。肝心なのはカピタンたちがそれを率先してチームに示していくことです。

そして冒頭に書いたカピタン会議が、チャビの次なる行動になります。4人の重鎮たちはロッカールームで頭を突き合わせ、悲しき現状への解決策を探っていきました。そのなかで導き出された結論の一つが、チーム全体によるミーティングを行い、何故チームが失速し、どうやってこのエアポケットから脱出していくべきなのかを、忌憚なく話し合っていくことの必要性でした。ということで、チームはこの水曜日のトレーニング終了後、昼食会を行うことになっています。

ひょっとするとこの昼食会は、長いものになるかもしれない。よってカピタンたちはジョルディ・ロウラとも話をし、同日に予定されていた夕方からの二回目のトレーニングをキャンセルし、休日予定だった木曜に振り替えてもらっています。

(※MUNDO DEPORTIVO紙も同様にロッカールームにてミーティングがあったと報じていますが、こちらはSPORT紙とは少々異なり、ロウラを含めた全チームメンバーの参加だったとしています。MD紙はまた、昨日と今日のトレーニングがシーズンでも最もハードなものになると説明。水曜の練習終了後に、団結の昼食会があることでは両紙一致です。)

自信とモラルを取り戻すための昼食会

こういったカピタンたちによる動きは、本来は無くていいものです。しかしチーム状況は逼迫していて、通常であれば行わないところまで足を踏み込まなければ、打破することはできないであろうピンチにバルサはいます。誰かが何かをしなければ、シーズンの半分は呆気なくそこで終わりとなりましょう。そして残念なことに、ロウラさんだけではもう如何ともしがたい状況なのは間違いないです。

いずれにせよ肝心なのは、このカピタンたちのイニシアチブによってチームが覚醒し、自信と野望ギラギラのプレーでミランを圧倒できるかどうかです。戦術面はテクニコにお任せするとして、昼食会でカピタンたちに期待するのは、残りの選手たちに逆転勝ちを心底確信させること。問題の多くがメンタル面(自信)にあるのだとするなら、ご飯を食べながら意見を出し合うことで空気が変われば、それでよし。チームが立ち上がろうとしているのは確かでしょうから、ファンは彼らを信じるのみです。

(※昼食会の位置付けは、SPORTとMDでは少し異なっています。MD紙は昨日今日のトレーニングセッションはかなりハードな内容となっていて、そこで全員で必至で汗を流した後、この食事会で団結度を高めるという解釈です(MD紙の記事では、選手たちはロッカールームですでに意見を交換し合っているので)。なんであれ、ダイナミズムを変えるためにチームが行動を開始してるのは間違いない様子。バモス!)

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る