ルイス・エンリケ「トラップとなる試合」

引いた相手を自分たちより上手く攻めるチームはない、とも。

カンプノウ3連戦の真ん中に位置し、そのカンプノウでいまだ一度として勝点を手にしたことのない(9戦全敗)降格圏の18位レバンテとの試合では、ルイス・エンリケはチームの主力選手の多くを休ませてくるだろうと予想されています。シーズン前半戦を固定メンバーで戦ってきた首位マドリーは故障者続出。一方でバルサはフォーム上々の選手がたくさんいる状況ですが、シーズン終盤にさらに良いコンディションであるためには主力の脚を休ませ、かつ出番の少ない選手のフォームを上げることも重要となります。ローテーションを行いつつも内容を落とすことなくきっちり勝点3を確保すること。もちろん、過信や油断は禁物です。

デリケートな状況の相手にこそ要注意

土曜日に行われたレバンテ戦の前日会見における、ルイス・エンリケ監督のコメントたちは以下のような感じとなっています。特徴は幸福感の氾濫を好まず、落とし穴となり得る試合だと警告した点です。

レバンテ戦
「私たちは今好い時期にある。けれどもレバンテは降格を争っているチームで、私はそういうデリケートな状況にあるチームに安心したりはしないよ。ここからシーズンの終わりまで、それらはトラップとなる試合だ。どの試合にも激しさは求められるし、私たちは良い試合をしなければならない。フットボルは攻めずにトランジションを活かしたチームが勝てる奇妙なスポーツなんだ。他のスポーツではそういう事は起こらない。だから注意深く、激しくいく必要がある」

「レバンテは守備が上手く、フィジカルコンディションも良い。トランジションやセットプレーを活かすチームで、簡単にはいかないだろう。開始1分から最大限の集中力が求められる。守ってくるチームとの試合は新しいものでも簡単でもないし、私たちに求められるのは効率性だ。ここ最近の試合と同じ激しさと効率の良さを期待している」

引いた相手対策
「ポジション的に、私たちには世界でも最高の攻撃陣がいる。9-10人で引いて守る相手に対して、私たちよりも上手く攻撃するチームを私は見たことがない。私たちよりもアタッキングポジションの良いチームをどこか、私に教えてくれるかい?バルサと対峙するチームは自陣を固めてくる。それが多くを勝ち取ったことの遺産だよ。そういった状況について私たちはものすごくトレーニングしている」

重要なのは最終節で首位にいること

シティー戦を考えているか
「チームの誰一人としてシティーのことは考えていないと思う。頭の中にあるのはひとつの試合のことだけだし、私たちはリーガでマドリーよりも後ろにいるんだ。私たちには是が非でも勝点が要る。相手を上回ること、それが私たちの目標だ」

リーガの首位奪還
「重要なのはカンペオナート(選手権)で優勝することで、最終節で首位にいることに価値がある。昨季のように、リーガは最後までもつれると思うよ。クラシコの時点で首位に立つことが私たちの目標ではない。試合当日をどのように迎えているかはいずれ分かるさ」

いつもマドリーが先に試合
まったくどうだっていいことだよ。私たちがプレーする時、目標はいつも同じ。勝つことだからね

休日の自主トレーニング
「どのようにトレーニングに来るかは各自の自由だ。選手たちが息抜きをすることはチームにとって重要だけれど、多くの選手たちは準備をすることを好むもの。休養することも準備を整えていることも、どちらも同じくらい重要だよ。それぞれが感じていることをして、コンペティションのために最善の準備をしてくれれば好い」

メッシの数字は別銀河

メッシがリーガ300試合出場へ
「ゴールやアシスト、それに個人レベルやチームレベルでのタイトル数など、レオの残す数字はどれも別銀河だね。今のフットボルではゴールを決めることは難しくなっているし、それゆえに彼は大きな名声を手にしている。時々バルサTVで自分の現役時代の試合を見ると、どれだけスペースがあって、ノロくて、みっともないんだ!って思うよ」

ペナルティキッカー
「選手たちがグラウンド上で決めている。最終決断をするのは彼らだよ」

公式戦10連勝
「シーズンが終わった時に点数を出したい。物事が上手くいっている時に過大視するのも、2連敗した時に劇的に脚色するのもよくはないんだ」

ブライダとのミーティング
「トップチームでの仕事に専念していて、技術委員会のメンバーとはまだ話せていないんだ。いずれ、彼らと話し合う時間はあるだろう。ブライダにはようこそと言うよ」

バルトメウ会長が“ネイマールケース”で告発
「彼は悪い人間ではないよ。あとは判事がどう決断するかだ。この件で私たちが集中を乱すことはないさ。チームはこういう騒音に慣れているんだ。チャビが言ったように、心地良い状況ではないけれどね。まあ影響は受けないだろう」

エウセビオ解任
「それは会長に質問すべき事柄だよ。私はいつもと変わりはしないさ。個人的には監督が解任されるのは好きではないけれどね。エウセビオはこの3シーズン半の間、トップチームを手助けしながら良い仕事をしてきたと思う。この件を説明できるのは会長だ」

トップへ戻る