ジェルソンはバルサを選ぶ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

ローマからのオファーにNO回答。

FCバルセロナの2015年夏3人目の加入選手が、どうやら誕生しそうな気配です。その選手はブラジルのフルミネンセに所属する18歳のセントロカンピスタ、ジェルソン・サントス・ダ・シルバ。彼は近日中にバルサの選手となり、ルイス・エンリケの元でトレーニングを開始するとのことで、そのままトップチームに残って登録するか否かは、これから5ヶ月間の様子を見て監督が決めることになるのだそうです。諸手を広げて大歓迎のオペレーションとまではいかないですが、クレ心をくすぐるのはジェルソン家族がバルサをこよなく愛している点。カンプノウに来る選手には、まずはそうあって欲しいところですので。

突然の乱入者

このジェルソン獲得作戦に関して、強力にプッシュしているのはSPORT紙です。MD紙はどちらかというと冷静にこの件を取り扱っていて、まだそう熱くなっていない。ブラジル市場で今最もホットな若手がバルサに入団確実だと報じるSPORTに対し、MDはクラブはまだどう行動すべきかを分析中であると伝えています(モナコのアブデヌールに関しても、SPORTが押す一方でMDは無いとの見解)。

両紙に共通しているのは、ジェルソンが入団を希望する欧州クラブはバルサのみだという点です。MD紙によるとバルセロナは選手の父マルコ・アントニオ・シルバさんと2016年の1月、もしくは夏に入団することで合意をしていて、フルミネンセもそれで納得していると言われていました。あちらのシエムセン会長は先月7日同紙の取材に対し、「バルサはジェルソンの件で安心していていい。私たちはケネディを売ったばかりで、お金の問題はない。あと1年彼を残すのが私たちの考えだ」とコメント。なにかが起こりそうな雰囲気はありませんでした。

しかしながら先(々)週ローマがフルミネンセへと1,600万ユーロだか1,700万ユーロだかのオファーを出したことで状況は俄かに騒がしくなります。フルミネンセからはバルサに対し、先の会長の言葉はなんだったのかという、“ローマさんからこんなオファーが届いてますけど、おたくはどう為さるか?早く決めんとあちらに売りまっせ”の警告が到着。お金って怖いですなぁ。バルサが優先交渉権を行使しないのなら、フルミネンセはローマのオファーを受け入れる。期限は数日。さあどうするバルサ、とメディアは決断を煽りました。

選手側からクラブに、“バルサだけ”宣言

そういう状況下で3日(月)、リオデジャネイロのフルミネンセ本部で行われたのが、あちらの会長、選手父親、選手代理人による会談です。そこで父マルカオさんと代理人氏は改めてシエムセン会長に向かい、ジェルソンが移籍を希望するのはバルサだけだ、と強調。バルサからのNOが無いかぎりはローマであれ他のクラブからのオファーを受けるつもりはない、と宣言したのだそうです。シエムセン会長からはイタリアクラブのオファーを受けろとのプレッシャーがあったそうですが、彼らはそれに屈しませんでした。

ジェルソン作戦に関し、ここまでバルサは上手くやっている、とSPORT紙は言います。クラブは今年5月、320万ユーロを支払うことで選手の優先交渉権を獲得し、6月には選手側と給与条件で合意。フルミネンセとも移籍金の支払い方法で合意に達していたそうです。そのまま何事もなくいけば、来年1月か6月の移籍で話は進んでいたのでしょう。

そこへきてフルミネンセの突然の“寝返り”があったことで、ジェルソンを巡る状況に変化が生じます。ブラジルクラブが拙かったのは、十分な根回しをせずにバルサに決断を迫ったことでしょう。冬からじっくりと準備をしてきた方としては面白くないのは当然で、それによってバルサはオペレーションを自分たちの好きなタイミングに前倒しする言い訳を手にしました。さらにSPORT紙曰く、“支払いはフルミネンセとすでにサインをしたように、2016年1月までびた一文出すことなく”、だそうです。

冬までチェックし、その後エンリケが決断

ということでSPORT紙の情報が正しければ、ジェルソンは冬のマーケットを待つことなく、この夏にルーチョチームのメンバーになるようです(MD紙はまだ検討中だと報じる)。入団後にとりあえず他のクラブへとレンタルされるという選択肢は却下されていて、エンリケ軍曹の管理下でバルサ流をみっちり仕込まれるのが最良の方法だとテクニコは考えているらしく。トレーニングでの様子を5ヶ月間見た後、ルイス・エンリケがそのままチームに残すか、あるいは冬市場で武者修行に出すのかを決断すると書かれています。リーガの幾つかのクラブからはすでにジェルソンのレンタルに関する問い合わせが届いているそうなので、事実であれば気の早いことです。

トレーニングでの様子を見てからチームに残すかどうかを決めるということは、アルダ・トゥランアレイシ・ビダルのケースとは異なり、ルイス・エンリケが望んだ補強ではないわけです。ルーチョを感心させる選手であれば問題ないですが、ダメだった場合は悲しい結末になる可能性が。。ブラジルからの直輸入、賭けの要素が強いオペレーションであります。気になる移籍金は、ローマの乱入に乗っからなかったことで、1,200万ユーロほどになるだろうとSPORT電子版は伝えています。

1,500万ユーロを超えず、ポール・ポグバに似ているという期待株が1,200万ユーロであれば、適当といえる範囲内でしょうか。強いバルサ愛表示は好感が持てるので、ポグバにイカレた金額を出すことなく、ポグバっぽく成長してくれるなら成功か。さらにポグバを獲りに行くなら意味不明。SPORT電子版アンケートでは、賛成53% 反対47% と拮抗しています。

そしてもう一つ重要な要素としましては、現時点ではバルサの非EU選手枠が3つとも埋まっているというものがあります(ネイマール、スアレス、ドグラス)。ジェルソンを試合に出そうと思えば、前述の3人のうちの1人を外さねばならず、それは自ずとドグラスになってくる。ネイマールが来季あたりにEUパスポートを得るとの情報(SPORT)もありますので、来季からの本格加入であれば問題にはならなさそうですが、、いずれにせよ1月からはアレイシが起用できますので、ドグラスさんは、、、、ですかねぇ。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る