ブスケツがバルサを退団しない理由は…

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

トーク番組に出演したバルサの5番。

スペイン代表選手たちがバルデベバスでの代表合宿へと集合した1日、FCバルセロナの第3カピタン、セルヒオ・ブスケツが出演したアンテナ3の人気トーク番組 El Hormiguero 3.0に出演しました。この番組には数々のハリウッドスターほか、今話題騒然のダビ・デ・ヘアの恋人で歌手のエドゥルネ・ガルシアさんも出演したことがあり、「私はマンチェスターの街よりスペインが好き」と語ったことがあるとかどうとか。新シーズンの最初のゲストとして登場したブスケツは、司会者パブロ・モトス氏の軽快なおしゃべりに導かれ、普段はなかなか見られない愉快な一面を披露しています。かなりくだけた番組ゆえ、トークのテーマもバルサや代表から夜のお話まで多彩です。

あるファンレターの話

この番組の模様をいくつかのメディアが伝えています。それらによりますと、なかでも反響が大きかったのはロッカールームへと変わったファンレターが届いたというエピソード。セルヒオは言います。「6-7人の選手の元へとあるチビッ子ファンからの手紙が届いたんだけれど、それには僕らは毎年車をもらっているけど、その車をもらったり交換したりすることは可能か?って書いてあったんだ。でも彼の希望は叶わなかったよ。もしそれが上手くいったなら、彼はディーラーになれただろうけどね。実際のところ、僕らは車を(クラブスポンサーのAUDIから)もらってはないよ。車を使わせてはもらえるんだけれど、シーズンの終わりに返さないといけない。でもクラブに残っていればまた別の車を与えられるから、そのためにも僕はバルサを退団しないよ^^」 マドリー選手も同じようにAUDIに提供してもらえますけどね^^;

その他にも楽しいトークは続き、「代表合宿中は一日中ホテルにいるから、外出は不可能」であるとか、「ラ・ロハには以前かなり悪い時期があったけれど、今の雰囲気はすごく良いんだ」だとか語るセルヒオ。今最も旬なデ・ヘア問題については、セントロカンピスタはこんなふうに見解を述べています。「全て完了したように思えたよね。将来のことで最終的に苦しむのは選手たちだからね、僕らから言えることはあまり無いよ。彼はマンチェスターからマドリーへとチームを変えようとしたけど、、、これまでと同じように満足していくさ」

フットボルの幸せは3-4日続くけど…

外出した時はお酒は飲みますか、との質問には、飲むのはアクエリアスかパインジュースだけだよ、と回答したセルヒオ・ブスケツ。さらに質問は続き、司会者さんは夜の話へ持っていきます。初めてチャンピオンズで優勝した夜と、初めてムンディアルで優勝した夜と、初めてあちらを経験した夜のなかで一番よく覚えているのは?との問いにセルヒオは、ニコニコしながらもどう答えようかといった様子で、「もうどれもよく覚えてないよ~」と回答。「ウソでしょ」という司会者さんはさらに被せ、セックスの夜と良いフットボルをした夜ではどちらの幸せが大きいですか?と質問。ブスケツは言います。「フットボルでは喜びは3-4日続くけれど、もう一つの方は続くのは1分だからね^^」。観客拍手^^

また、セルヒオはこうも言っています。「悪い試合をした時は、自宅に帰って門を閉じ、3-4日は外出したくなくなるんだ。悪い試合をしたことでファンから罵られることはないけれど、彼らは良い日ではなかったことを覚えている」

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る