ムニールの去就は本人が決める

クラブの希望オファー額は1,500万ユーロと。

FCバルセロナが第4のデランテロとして欲しているバレンシアのパコ・アルカセル獲得は、あちらのオーナーであるペーター・リム氏の決断次第であり、リム氏はすでにパコの売却を決断している、これがカタルーニャ方面スポーツメディアの共通した認識です。バレンシアはアルカセル放出に対するファンの反対を受け、会長とガルシア・ピタルチSDが「我々は彼を売りたくはない」とコメントしていますが、オーナーの考えはまた別のようで。来週になればおそらく答えは出るでしょうから、あと少し続報を待つこととしましょう。気になるのはむしろ、ムニールの去就です。

パコ・アルカセルはリムオーナーの決断次第

カタルーニャ方面では、パコ・アルカセルのバルセロナ移籍は時間の問題だろう、との雰囲気が出来あがってきています。バルセロナ系のスポーツ紙SPORT、MUNDO DEPORTIVO、それにL’ESPORTIUはいずれも、この作戦の成否はバレンシアのオーナーであるシンガポール人実業家ペーター・リム氏の決断如何であり、バルサは彼がこの取引にOKを出すと確信しているとの見解でだいたい一致。放出に反対する人々がオーナーの考えを変えられないかぎりは、アルカセルはバルサのシャツに袖を通すと各紙は伝えています。

(日本の幾つかのメディアで名前が挙がっているロンドンはSPORTやMDには出てきません)

バルセロナ発の情報ばかりだとバランスに欠けますので、バレンシアのSUPERDEPORTE紙も見てみますと、こちらは“チェ”クラブのレイフン・チャン会長がクラブの食事会でアルカセルに対し「パコ、私たちはあなたを売りたくはありません。あなたは私たちにとって重要な選手です」と説得した記事がメインです。彼女とガルシア・ピタルチSDはパコ放出に反対しており、リムオーナーを説得しようと懸命に試みている模様。バレンシアニスタの心中を察すると、アルカセルは魅力的な選手ですが、残留がいいと思います。

幾つかのオファーを検討中

しかしペーター・リム氏がパコ・アルカセルを売ると決断した場合、バルサはバレンシアに固定額3,000万ニューロ(+変動額1,500万ユーロ)を支払い、選手もそこに加えられると見られます。有力とされるのがセルジ・サンペールのレンタル移籍。当初は作戦要員が濃厚と見られていたムニールはどうやらバレンシア行きを望んでいないらしく、その彼の意思が尊重されるようになっているようです(サンペールはクラブの決定に従うとコメントしている)。

19日付のSPORT紙によりますと、自らの今後を決めるにあたり、ムニールは自由を与えられています。とはいえ完全に自由かといえばそうではなく、クラブの希望は1,500万ユーロ(+買戻しオプション付)での移籍だそうです。そしてスペイン国内ではセルタ、レアル・ソシエダ、バレンシアが非常に興味を示しているらしいのですが、選手はプレミアからのオファー待ちと。英国では2つのクラブがムニールへのオファーを検討中だそうです。残留が選択肢に入っているのかどうかは、分かりません。

ムニール側としましては、このクラブの希望小売価格1,500万ユーロは少々厳しい設定だとみていて、1,200万ユーロであれば幾つかのクラブがオファーしてくれるのではないかと考えています(SPORT紙)。いずれにせよ、この件はじっくり考えて答えを出していけば好いでしょう。ひょっとしたらベティスとのリーガ開幕戦で大活躍して、クレ世論が残留を強く求めるかもしれない。夏のマーケットが閉じるまで、あと10日以上あります。端クレとしましては、せっかくのトップ昇格を手にしたカンテラーノですから、バルサでの成功を望むところですけれど。

トップへ戻る