セルジ・ロベルト代表会見デビュー/ブスケツは大事を取って近々帰宅

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

ラ・ロハに新鮮な風を送り込んでいるセルジ。

各国代表選手たちが世界各地へと散り、シウター・エスポルティーバの第1グラウンドに閑古鳥の鳴く代表戦ウィークが始まりました。ヨーロッパの代表選手たちはユーロに備えた親善試合を、南米選手たちはムンディアル予選を戦う今回の代表戦。バルサ的なニュースとしましてはやはり、ラ・ロハに初招集を受けたセルジ・ロベルトと、ウルグアイ代表としての公式戦出場がアノ件以来となるルイス・スアレスでありましょう。デル・ボスケ組に新鮮な空気をもたらすセルジはさっそく、代表での記者会見デビューも果たしています。

「ほぼルイス・エンリケのおかげ」

ユースカテゴリー代表はすでに全制覇しつつも、デル・ボスケ率いるフル代表は今回が嬉しい初招集となったセルジ・ロベルト。バルサが誇るポリバレント選手は昨日、35歳での代表復帰となったアリツ・アドゥリス(アスレティック)と共にラ・ロハの記者会見に出席しました。ロベルトは良い子ゆえにコメントの多くはフツーなのですが(ゴメン)、主だった発言を取り上げますと次のような感じです。

ラ・ロハ初招集:「ここにいることが出来てとても嬉しく思うし、チームのために全力を尽くしたいと思う」「フル代表に呼ばれるのは夢だったんだ」「代表に呼ばれたと分かった瞬間から、バルサのチームメイトたちは僕を祝ってくれたよ。代表チームがどうやって動いているかも教えてくれたから、今はそれがすごく役立ってる」、「(イタリア戦とルーマニア戦は)ユーロコパ前の最後の2試合だから、本番だと思って準備をしないといけない

「監督からは、僕をインテリオールとして考えているって言われたよ」「チームを助ける準備は出来ている。他のポジションであっても全力でプレーしていく」

ルイス・エンリケの存在:「僕がここにいるのは、ほぼルイス・エンリケのおかげさ。彼は僕をすごく信頼してくれているし、ポジションはどこであれ、すごく出場機会をくれている。それに自分のチームで良いプレーをしていれば、代表招集で報われるものだからね。ルイス・エンリケにはすごく感謝しているよ」

「去年はあまり出番が多くなかったけれど、今年はたくさんプレーをし、チームの力になれている。それが僕の望んでいたことなんだ。自分が過ごしているこのシーズンに満足しているよ。それによって僕はここへと来れたんだ。満足だよ」

■物議を醸すピケのペリスコープ(スマホのライブ映像実況アプリ):「選手たちとよりコンタクトを取れるわけだから、ファンとしては嬉しいよね。ジェリは毎試合終了後にペリスコープをやっていて、僕らとしては面白い。でもどこでどんなふうに利用するかを知っておく必要はあるね。それが分かっているなら、ファンと触れ合う一つの手段さ」

セルヒオ・ブスケツは無理をしない

一方、バルセロナとラ・ロハの両方で不動のレギュラーとなっているセルヒオ・ブスケツは近日中(おそらく今日)に代表チームを離れてバルセロナへと戻ると伝えられています。

その理由はエイバル戦でヒビが入ったという右手薬指です。アーセナル戦、ビジャレアル戦とフル出場を果たしたことからも分かるように、セルヒオは痛みによってプレーが出来ないほどではありません。しかし跳んだりぶつかったりするよりは静かにしていた方が当然治りは早いわけで、重要度の低い親善試合は休めるなら休む方が良い。そこでブスケツはバルサ医療部の報告書を携えてラス・ロサスへと合流、デル・ボスケさんと話し合い、今回はリスクを冒さないことで合意しました。

筋肉にちょっとした違和感があるというアンドレス・イニエスタの招集を見送ったり、ブスケツを解放してくれたりと、デル・ボスケさんのそんなところは好きです。そしてイニエスタの状態についてだんまりを決め込んでいるバルサの姿勢には不満あり。なんでこんなに不透明になりましたかね?

ルーチョから選手たちへのメッセージ

さて今回のパロン(リーガ中断)においては、FCバルセロナからは合計18選手が各国代表に招集されています。2015/16シーズンのパロンはこれが最後で、以後はタイトルの懸かった超重要な日々が始まる。ということで世界各地へと飛び立っていく選手たちに対し、ルイス・エンリケからは次のようなメッセージが送られたそうです(SPORT紙)。

怪我には十分に気を配り、健康な身体で戻って来るんだぞ。4月には私たちのシーズンが懸かっているんだからな

選手たちのプロフェッショナル精神を信頼しているルーチョは、普段はまず説教は行いません。彼が何かを伝えようとするのは、それが本当に重要な時。ここでの怪我はシーズンを左右することになりかねないわけですから、全員無事で帰ってこい!というのは指揮官の心からの願いでしょう。クレもまたそれは同じです。

毎年のことですが、この時期の代表戦は代表に関心のない者としては本当にストレスフル。誰か怪我しやしないかと気が気じゃない。どうかみんながFIFAウイルスに罹ることなく、元気で戻ってきますように!呪術師お断り。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る