ウンティティ、クラシコ出場微妙…!

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

大腿二頭筋の裂傷で3週間の離脱。

今季のFCバルセロナは怪我に泣かされ続けています。それは特に守備陣において顕著で、起用できる選手は常にギリギリ。今週は怪我人リストにまた新たに一選手、新人にして主力のサムエル・ウンティティが加わったことで泣きたくなります。ジェラール・ピケジョルディ・アルバがそろそろ回復し、駒数が整うかと思うかと思った矢先の出来事だけに残念です。ウンティティはすでにバルセロナへと戻り、クラブ施設で精密検査を受けました。その診断結果は左腿の大腿二頭筋負傷で、回復に要するであろう期間は3週間。来月3日のクラシコ出場は微妙な日数です。

今季の延べ16人目

誰かの怪我が治れば、また別の誰かが怪我をする。フットボルクラブではそれは特に珍しくはないですが、今季のバルセロナは少々不運の度合いが強いといえましょう。プレシーズンのテル・ステーゲンに始まり、今回のウンティティまで、筋肉や靭帯の負傷者発生は述べ16名。打撲や違和感での欠場を含めれば、20名を超えます。ほとんど毎週誰かが新たに負傷をしているペースです。

複数回戦列を離れているのは、ジョルディ・アルバジェレミー・マティエウレオ・メッシアルダ・トゥランテル・ステーゲン、そしてこのサムエル・ウンティティあたりになります。“ビッグサム”の特徴は二回の負傷がどちらもトレーニング中である点です。前回は9月のアトレティコ戦前日(左ヒザ内側靭帯の捻挫)、今回もフランス代表のトレーニング中に怪我を起こしてしまっています。

4試合を欠場の見込み

フランス代表は当初、ウンティティが左腿の肉離れと発表をしていましたが、バルセロナ医療部による精密検査の結果、大腿二頭筋の裂傷と診断されました。軽い肉離れであれば7-10日というところでしょうが、それより重い筋裂傷につき、クラブ医療部の見立てでは約3週間の離脱。情報戦込みで長めの回復期間としていなければ、12月3日のレアル・マドリー戦(カンプノウ)は上手くいけば間に合うけれど、だいぶぎりぎりの復帰になります。

もし3週間となった場合、ウンティティが欠場するのは来週末19日のマラガ戦(カンプノウ)、23日のセルティック戦(セルティックパーク)、27日のレアル・ソシエダ戦(アノエタ)、30日の国王杯エルクレス戦(リコ・ペレス)の4試合です。セルティック、ラ・レアルと続く難しいフエラ連戦で“ビッグサム”が使えないのは痛い…。

幸いなのはジェラール・ピケがグループ練習に復帰間近まで回復していて、マラガ戦には出場可能であろう点です。ジェレミー・マティエウもマラガ戦までに回復する可能性は高い。ハビエル・マスチェラーノは代表戦があるので、FIFAウイルスに直接やられなくても疲労蓄積状態でしょう。なのでマラガ戦はジェリムッシュのセントラルコンビが有力でしょうか。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る