ミノ・ライオラがチャビ・シモンズに接近・・・

父と一緒に試合を見た後、同じ車で去ったと

あの有名代理人 ミノ・ライオラが先週土曜日、シウタット・エスポルティーバ・ジョアン・ガンペルに出没していたそうです。メディア情報によると彼の目的はバルサ・カデテBの試合に出場していた宝石チャビ・シモンズ(14)と契約すること。ライオラは試合を選手父であるレヒリオ・シモンズさんと見ていたそうで、試合後に彼らがライオラの車でクラブ施設を去ったとSPORTが伝えています。

スポンサーリンク

オランダつながり

チャビの父 レヒリオさんは少し前までアヤックスの下部カテゴリーの監督を務めていたのですが、今はその仕事を辞め、息子のことに集中しています。

一方でミノ・ライオラはイタリア系ですが育ちはオランダ・ハールレムのオランダ人で、将来を期待される若き同朋(オランダU-14代表)を顧客にすることを狙っていると。SPORTによると、現在チャビ・シモンズの代理人は父レヒリオさんが務めていますが、彼らは早晩ライオラと契約を結ぶかもしれません。

ライオラズラタン・イブラヒモビッチポール・ポグバロメル・ルカクマリオ・バロテッリら有名選手を顧客に持ち、最近ではマルコ・ベラッティの代理人となっています。物議を醸す発言が多いスーパーエージェントとキラキラ星の結び付きを、バルサどう思っているか・・・ やはりあまり喜んではいない?

ライオラのコメント

ミノ・ライオラ本人はMD紙の取材に対し、自分がチャビ・シモンズの代理人になるかどうかは大した問題ではないとコメントしています。「もし私が代理人だとして、なにか重要なことでも?チャビ・シモンズはすばらしい選手だ。若く、ポテンシャルと大きな未来がある。私たちは良き友人だよ」

「顧問?そんなものよりも友人であることの方が良いさ。自分が代理人を務めているフットボル選手たち全員と私は友人だよ」

トップへ戻る