ボージャン父、バルサに復帰

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

バルカン方面のスカウトを担当する

小さな話題なのですが、元バルサのデランテロ(FW)ボージャン・クルキッチと同じ姓名を持つ父(以下ボージャン父)が、FCバルセロナのスタッフに戻ったとの情報が7日付のMDに出ています。スポーツマネージャーであるペップ・セグラがスカウトとして、強化編成部に呼び戻したそうです。

スポンサーリンク

チキ・ベギリスタインの信頼

今季からアラベスの選手としてリーガに戻ってきたボージャンの父は、スカウト担当としてバルサで何年間か働いていました。チキ・ベギリスタインの信頼を得ていたスカウトマンなので、バルサ在籍はジョアン・ラポルタ会長の頃。主にフランス方面の有望選手探しを担当していました(トゥレ・ヤヤモドリッチを薦めたといわれる)。

しかしサンドロ・ロセイが会長に就任した初年度(2011年)、バルサはこの年で満了するボージャン父との契約を更新せず、彼はルイス・エンリケが指揮していたローマへと移籍。ここ数年はチキ・ベギリスタインのいるマンチェスター・シティで働いていた模様です。

モドリッチ獲得をバルサに推薦

ローマではマルコ・ベラッティの獲得を推薦した、とボージャン父は後に発言しています。この人、どちらかというとお口は軽く、あれこれメディアで語る傾向があり。モドリッチをバルサに薦めたけれども断られた件も、次のように語っています(2016年12月、ラジオ局SERの番組にて)。

「彼は私たちの手の中にあったんだ。モドリッチは勝者のメンタリティを持った選手。しかしクラブ(バルサ)はその時将来を考えず、目先だけを見ていた」「私は当時バルサで働いていて、ディナモ・ザグレブやクロアチア代表でプレーする彼のDVDをいくつか送ってもらっていた」

チャビイニエスタトゥレブスケツがいたことで、モドリッチ獲得は検討されなかったよ」「彼のことを詳しく知るために、バルセロナへと呼んだことがある。プリンセサ・ソフィア(ホテル)で、彼の恋人と一緒に話をしたんだ。私たちはコーヒーを飲んだ。彼の印象はすばらしかったね。流ちょうな英語を話し、知的で、賢く、教養があるように見えた。とても落ち着いていたよ」

復帰したバルサでボージャン父は、バルカン半島方面のスカウティングを担当するようです。もし第二のモドリッチを発見したなら、次は是非バルセロナが獲得してほしい。活躍を期待しましょう。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る