バルサで最も栄養に気を遣う選手、それはパウリーニョ?

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

家庭内で強力なサポートがある

タフなシーズンを戦い抜く身体を作り、維持していくためには、日々の食事が重要です。FCバルセロナがシウタット・エスポルティーバで選手たちに提供する食事はプロの栄養士がメニューを考え、全選手を対象に結果を追跡チェック。シーズン開始前には選手たちに栄養に関するアドバイスも行っているそうです。

スポンサーリンク

妻ビビアーナさんが栄養士

しかしながら、SPORT紙によると、それだけではなく自ら栄養学のスペシャリストを雇い、日々の管理を行っている選手が他にもいます。有名なのはイタリア人のジュリアノ・ポセル医師を顧問にしているレオ・メッシ。我らのD10Sは数ヶ月おきにイタリアを訪れ、ポセル氏の助言を受けています。

そして今回のSPORTの記事で、「メッシに栄養へのこだわりで強力なライバル登場」と紹介されているのが、パウリーニョさんです。

なんでもパウリーニョは食事に関してとにかく気を配っているらしく、口に入れるものは全て管理しているレベルとか。

フィジカルの強さを長所としているパウリーニョですから、その武器を磨くために食べ物には可能なかぎり気を配っているのだろうと考えますが、SPORTによると理由はそれだけではなく、実は彼の妻ビビアーナさんが栄養学を専門とした医師だというんですね。

これは強い。ドクターの元へと通わなくとも、最も近い人が自宅で摂取する食事を管理してくれるんですから。パウリーニョのあの優れたフィジカルは、彼の努力+奥さんの助力にありというニュースでした。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る