デンベレ、クラシコに間に合う?

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フィンランド人の執刀医が「ありえる」と可能性を認める

Embed from Getty Images

9月16日のヘタフェ戦で大腿二頭筋の腱裂傷が生じ、年内の復帰は厳しいと診断されていたウスマン・デンベレ。しかしながら彼の回復は予想した以上に早く進み、ひょっとすると12月23日のベルナベウ・クラシコに間に合う可能性が出ているようです。無理すんなよと思う反面、嬉しいニュースでもあります。

「回復状況は予想以上」

この情報の出所は、デンベレの手術を担当したフィンランド人の著名医師 サカリ・オラバさん自身です。ドクターは昨日、スペインのラジオ局 カデナSERの番組 La Graderia に登場。ウスの状態についてこう説明しました。

回復は期待した以上に進んでおります。彼はすでに、計画よりも早く復帰したいと言っておりますが、私どもとしましてはそれが可能かどうかは分かりません」

マドリー戦に出場できるか?できるかもしれない、かもしれないのですが、私からそれを保証することはできません

どうでしょう。断言は避けているものの、担当医としてそれなりに自信はありそうな印象を受けます。

デンベレの怪我は「若さゆえの過ち」執刀医が語る
去る9月16日のヘタフェ戦にて、左太ももの腱を痛めて戦線離脱となってしまったウスマン・デンベレ。その手術を担当したフィンランド人医師 サカリ・オラバさんが英 MIRROR 紙の取材の中で、デンベレが負傷するに至った可能性のある理由について語っています。
スポンサーリンク

11月半ばにはボールを蹴れそう

デンベレのリハビリテーションがどの段階に入っているのか、クラブ発表からはまったく伝わってはきませんが、オラバ医師によると彼はもう砂地での運動を始めています。

「今はバルサが持っている砂浜でトレーニングをしております。11月の半ばにはボールを蹴れるようになると思いますよ。再発のリスクがありますので、今はけっこうな頑張りが必要ですが、落ち着いて臨むことによって全ては上手くいくでしょう」

このドクターのいう砂浜が、シウタット・エスポルティーバ内にある砂場(アレナ)なのかどうかはちょっと分かりませんが、アレナでのトレーニングはリハビリの第3段階(最終が第4)。同じくクラシコに間に合うか?とされたアンドレス・イニエスタはこのアレナ運動から2週間ほどで復帰しているので、可能性は割とありそうな感じです。

クラブ公式動画では、ルイス・スアレスがこのアレナでのトレーニングに取り組んでますね。

イニエスタ、砂を走る!
バルサトップチームの第1カピタン、アンドレス・イニエスタがプレー復帰に向けたトレーニングを加速させています。FCバルセロナのスポーツ施設、シウター・エスポルティーバの第1グラウンド端には負傷選手がリハビリを行うための砂場(白砂のビーチのような感じ。以下アレナ)があるのですが、ドンは16日(水)からこのアレナでのトレーニングを開始。すでにボールにも触れています。10月22日に右ヒザ靭帯を負傷し、全治6-8週間と伝えられた時には12月3日のクラシコはほぼ絶望的と考えられていましたが、イニエスタのSNSから伝わってくるのは復帰への並々ならぬ意欲です。この調子なら、レアル・マドリー戦に間に合うんじゃないかと思えてきました。

このニュースのまとめ

  • ・ウスマン・デンベレの回復は予想以上に順調
  • ・すでに砂のうえでトレーニングをしている
  • ・執刀医はクラシコ出場も「あるかもしれない」と認めた

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る