ジョルディ・アルバ 好調の秘密:

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

良い結果を残せているのは偶然の産物ではなく、準備方法を変えた結果

Embed from Getty Images

右ラテラル危機を乗り切る方法としてルイス・エンリケが3バックを採用したことで、2016/17シーズン後半のジョルディ・アルバは出番を大きく減らしました。よほど悔しかったようで、事あるごとに「今季は楽しい」と語っているジョルディ。その彼の躍動の陰には、復活にかける並々ならぬやる気と、厳しい栄養管理・怪我予防があったようです。

スポンサーリンク

食習慣を変えた

この話は11月14日付のSPORT紙を元に書いています。SPORTによると、ジョルディ・アルバがまず取り組んでいるのが丈夫で健康な身体作りです。上下動の激しいラテラルというポジションで怪我なくシーズンを乗り切るためには、身体を怪我から守ることが重要になります。

そのためにどうするか。ジョルディは食習慣を変えることを選択しました。

チームの栄養士の助言を受け、ある種の食べ物(栄養)を制限したそうなのですが、結果、体重が落ちて筋肉量が増加した。体脂肪率を減らしてシャープな身体になったようです。プレシーズン初日の身体計測では、誇らしかったことでしょう。

試合後のケアもより念入りに

くわえて、怪我予防のための作業を増やし、試合終了後の回復作業も念入りに行うようになったと。元々ケアには気を配る選手だったそうなので、今では相当なケアぶりだと想像します。ほとんど彼はラテラル兼エストレーモですから・・・ あの運動量で週2試合をこなし続ける陰には、徹底した自己管理があるわけです。

それだけやっていても筋肉への負担はなくしきれず、一時休止が必要にもなったアルバでしたが(10月中旬、内転筋の筋疲労で10日ほど戦列を離れている)、充電に必要な時間は確実に減っていると感じているそうで。監督がバルベルデに替わり、ネイマールが去り、デンベレも負傷したことで増えた出番を、存分に活かせています。

この11月のFIFAウィークはラ・ロハでも大活躍ですし、まさに第二の春、といった様子のジョルディ(28歳)。“好事魔多し”ともいいますから、時々は休みつつ、無理せずいってくださいませ。

このニュースのまとめ

  • ・厳しい栄養管理でシャープな身体に
  • ・念入りな怪我予防
  • ・その結果、ばりばりプレーできているジョルディ・アルバ

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る