ベルマーレン、4年目の開花

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

ウンティティの離脱を上々のパフォーマンスで補い中

トーマス・ベルマーレン株が急上昇中です。元々能力への評価は悪くなく、怪我体質である点が大きな不安材料だった彼ですが、サムエル・ウンティティ負傷によって回ってきたチャンスを見事活かし、このところは5試合連続出場中(うち4つでフル出場)。代表戦も含めれば7試合連続と、かつてなく高い信頼性を示しているベルギー代表セントラルです。

Embed from Getty Images

「即戦力」ではなかったが・・・

そんなベルマーレンの活躍ぶりにいたく感銘を受けたのでしょう、12月12日のバルセロナ系スポーツ紙 MDとSPORTは、揃って彼の好成績を称える記事を出しています。

MDを見ていて思い出すのは、2014年夏の入団会見でスポーツディレクター(当時)のアンドニ・スビサレッタが語っていた、「即戦力」という言葉。即、戦力になるはずが、3年もかかってしまったわけで、その3年間にはいろいろあったんだろうなと想像すると、ねぎらいのアメちゃんでも手渡したくなります(関西風ねぎらいです)。

ビジャレアル戦はボール奪取15回、パス成功率95%

ちなみにMD情報によると、ベルマーレンウンティティにも負けないほどの“お守り”です。ビッグサムが出場すればバルサは負けない、とのジンクスがありますが、トーマスの場合も出場27試合で負けはわずか1度だけ(2015/16のスーペルコパ。アドゥリス無双で4-0)。今季は6試合で4勝2分、失点3の成績となっています。

WOWOW中継では解説者さんの評価がいまいちだったベルマーレンですが、MDとSPORTは、これまでの中でも特に先日のビジャレアル戦のパフォーマンスがすばらしかったとの見解です。

たしかにベルマーレンの守備エリアはビジャレアルに狙われ、2度ほど厳しい対応を迫られましたが、カタルーニャラジオのデータによると、この試合の彼のボール奪取数は上々の15回。しかも1度としてボールを失わず、1度のファールも犯していないそうですから、完璧な仕事ぶりじゃないですか。パス成功率も95%の高さです。

(35分のエリア正面でのパス失敗、というかクリア失敗はロベルト・ソリアーノのミドルシュートを許して危険ではあった)

このパフォーマンスをあと2年早く披露できていれば、ベルマーレンのバルサ生活は全く違ったものとなっていたのに、と残念ではありますが、彼がカンプノウのスターとなる時間も可能性もまだたっぷり残されています。怪我なくシーズン最後までいってほしいと、心底願う。この出来なら、ウワサどおりにイェリー・ミナがやってきても、第3のセントラルとなるのは簡単じゃないんじゃないでしょうか。

このニュースのまとめ

  • ・入団会見で「即戦力」と紹介されてから3年半
  • ・ベルギー代表も含めると7試合連続出場中
  • ・実は、ベルマーレンが出場した試合は負けてないバルサ

スポンサーリンク
キャンペーン

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る