「 2017年06月12日 」一覧

NO IMAGE

ベラッティの直訴

FCバルセロナがこの夏挑んでいる、マルコ・ベラッティ獲得作戦。相手クラブに全く放出の考えがないクラックの引き抜きは難易度が非常に高く、選手からの“協力”がないかぎりはまず成功はしません。しかし今回仏L'EQUIPE紙が報じたベラッティによる移籍志願が事実であれば、バルサにとっては目的達成への突破口となるかもしれない。とはいっても、超ムリめだった作戦がムリめに緩和された程度のことなので、バルセロナの前にはまだ様々な難題が待ち構えているのですけれど。そして高額選手のウワサが出る時の常として、高すぎて気持ちが弾まないファン心理もあります。

メッシ家、セスク家とイビサ島へ

メッシ家、セスク家とイビサ島へ

ホルヘ・サンパオリ代表監督のデビュー戦となるブラジルとの親善試合を終え、シンガポールからバルセロナへと帰着していたレオ・メッシ。これはきっとFCバルセロナとの契約更新を完了させるためだろう、と各メディアで報じられていたクラックでしたが、その前にちょっと一休み、と家族やセスク・ファブレガス一家とともに地中海の楽園イビサへとバケーションに旅立ちました。ちなみにイビサには今、ルイス・エンリケも滞在中だそうです。

NO IMAGE

バルサB、昇格プレーオフ最終ラウンドはラシンと対戦

カルタヘナとの昇格プレーオフ2回戦を勝ち抜き、最終ラウンドへと駒を進めたバルサB。リーグ戦での順位や地理的条件などから、セグンダ昇格を賭けた2試合の相手は古豪ラシン・サンタンデールに決定しました。バルセロナがグループ3の優勝チームなのに対し、ラシンはグループ2の2位なので、試合の順番はイダが敵地エル・サルディネロ、ブエルタが地元ミニエスタディ。他会場ではバレンシア・メスタージャとアルバセテが対戦し、それぞれの勝利チームが来季のセグンダA参加権を手にする仕組みです。

トップへ戻る