「 2017年09月 」一覧

約束を果たし続けるパウリーニョ

約束を果たし続けるパウリーニョ

バルサの背番号15の人柄を教えてくれるエピソードとしては、少年時代のパウリーニョを発掘したというマルセロ・ベイガさん(52)のインタビューがEL BALON誌に掲載されています。ベイガさんは元選手で、現在はブラジル・ブラガンティーノの監督を務めています。

パウリーニョという個性

パウリーニョという個性

エイバル戦の主役が、事もなげにポーケル(4得点)をやってのけたレオ・メッシであるのは間違いありません。我らのD10Sは今回もすごかった。トップデビューから13シーズンめにして、過去最高ペースでの得点数ってどうなっているんでしょう。そしてそのレオに次ぐ主役が、あれよあれよと3得点に絡んだパウリーニョ...

エイバル戦雑感:当たるバルベルデ采配

エイバル戦雑感:当たるバルベルデ采配

ビギナーズラックか、真の実力か。今のところはまだその答えは分かりませんが、エルネスト・バルベルデの采配がずばりずばりと的中しています。土曜日のヘタフェ戦では、途中出場したデニス・スアレスとパウリーニョがスコアをひっくり返し、このエイバル戦でもローテーションが大成功

マッチデータ|リーガ第5節 バルサ 6-1 エイバル

マッチデータ|リーガ第5節 バルサ 6-1 エイバル

スコアが示すような楽勝ではなかったが、メガクラックの決定力が爆発し、結果的に6-1の大勝。前半はエイバルの果敢なプレッシングに苦しめられ、自陣から思うように前へ出ることもできなかった。効いたのはCKからのパウリーニョの2-0弾。後半早々のデニスの追加点で軌道に乗ると、その後はメッシが圧巻の得点力でネットを揺らし続けた

デンベレ、今日フィンランドで手術

デンベレ、今日フィンランドで手術

ウスマン・デンベレは今日、フィンランドにて、サカリ・オラバ医師チームによる大腿二頭筋の腱裂傷 治療手術を受けます。昨日はヘルシンキへと向かう際、プラット空港で兄弟に車イスを押される姿が撮影されているデランテロ。怪我を悪化させないための処置とはいえ、痛々しい写真です。

トップへ戻る