「 監督コメント 」一覧

NO IMAGE

トリノから手ぶらでは帰れない、帰りたくない

本日、トリノにてチャンピオンズ1/4 final イダ(第1戦)をプレーするFCバルセロナがまず強く胸に刻まねばならないのは、約1ヶ月前にパリで喫した屈辱的敗北(4-0)の失敗を繰り返さないことです。覇気の感じられないプレーでPSGに良いようにやられ、序盤からピンチの連続。4点も決められたうえ、アウェイゴールを奪えなかったことで、奇跡と言われる大逆転が必要となりました。よって今回はカンプノウでのブエルタ(第2戦)の苦労を少しでも減らすために、少なくとも1点は決めなければならない。さらに2-3点奪えて、結果的に勝てれば最高です。

NO IMAGE

ルイス・エンリケ、セビージャは「恐るべき相手」と警戒

長丁場のリーガも4月に入り、残すところあと9節となりました。この段階までくると失敗を挽回することが困難となりますので、優勝を狙うのであれば、いかなる取りこぼしも許されない。9戦全勝で突っ走る意気込みが求められます。バルサは現在アンダルシアチームとの3連戦を迎えていまして、平日開催の第30節は強豪セビージャをカンプノウに迎えての一戦。サンパオリチームはここ最近 少々調子を落としているとはいえ、危険な相手であることに変わりなく、このバルサ戦を復調のきっかけにしたいと目論んでくるでしょう。ルイス・エンリケは彼らを「恐るべき相手」だと警戒しています。

NO IMAGE

歴史的逆転を信じて:PSG戦

さてやってきました、パリ・サンジェルマンをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ1/8 ブエルタです。優勝は懸かっていませんし、天下分け目でもないトーナメントの1回戦ですが、ルーチョバルサにとっては今季を代表する決戦の一つ。イダでの4-0をひっくり返すという、チャンピオンズではまだどこのチームも達成したことのない難行にもし成功すれば、彼らは文字通りフットボルに歴史を作れる。3週間前は到底可能だとは信じられませんでしたが、そこから「ひょっとして」と思えるように持ってきたのは見事ですし、せっかくなので祭りにしちゃってほしいです。

NO IMAGE

ローテーションで臨むヒホン戦

ビセンテ・カルデロンでの勝利から中2日、ルイス・エンリケ率いるFCバルセロナは今日(日本時間 深夜3時30分)カンプノウにスポルティング・ヒホンを迎えてのリーガ第25節をプレーします。目指すのは言うまでもなく、勝って後に試合を始めるレアル・マドリーへと圧力をかけること。勝点3を積み重ねることで、バルサは暫定ながら首位に立つことが可能です。このヒホン戦から来週のPSG戦までは地元カンプノウでの3連戦ですから、レガネスとアトレティコに勝って乗ってきた流れを、さらに強めるために是非とも活用しないといけない。ローテーションメンバーでも内容を伴った勝利を期待したいところです。

NO IMAGE

辛うじて勝利、前途多難:レガネス戦

パリでの惨敗を受け、ルーチョチームが一体どのようなリアクションを示すか。選手たちがまだ諦めていないというPSGへの大逆転勝利を実現するためには月末のアトレティコ戦に勝つことが重要であり、そのためにはこのレガネス戦を良いステップにすることが大事でした。しかしバルセロナは降格圏ぎりぎりのレガネスに快勝どころか辛勝も辛勝、相手がリーガ最少得点チームでなければ負けていたんじゃないかとも思える有様。土壇場で決勝点となるペナルティ弾を沈めた後にメッシが全くニコリともしなかったことが、バルサの現状を表しています。カンプノウのスタンドからは指笛もちらほら。バルセロニスタの不満も徐々に表面化するようになってきました。

NO IMAGE

チャンピオンズ再開!:PSG戦

約2ヶ月間の休止を終え、チャンピオンズ2016/17が今日から再開します。グループステージもそれはそれで楽しいですが、真の戦いはやはりこのノックアウトステージから。くじ運の悪い、もしくはUEFAさんに毎回盛り上げ役を期待されているのであろう我らのFCバルセロナは、お馴染みのウナイ・エメリ率いるパリ・サンジェルマンと1/8 final を戦います。正直、食傷気味のカードですが、恋人たちの日といわれる聖バレンティンの日に愛の国フランスの首都でプレーするのは、趣きはある。舞台となる王子たちの公園 パルケ・デ・ロス・プリンシペスでバルサのステキな王子様たちが、クレをめろめろにしてことに期待です。

NO IMAGE

ルイス・エンリケ「すでに決勝へと進んだと考える選手は、うちのチームには1人もいない」:アトレティコ戦前日会見

バトル漫画では先に「勝った!」といった方が逆転負けを喫するケースがよく発生します。勝負事に過信や油断は禁物であるとそれらは示していますが、ビセンテ・カルデロンでのイダに1-2で勝ったことで勝負は我々がものにしたと考えるほどにルーチョチームは自惚れてはいない。後半はシメオネ組に何度も得点機を作られていましたし、カンプノウでも全力集中で臨まなければ痛い目に遭うことは見えています。1点だけでは延長戦、逆転の危険があるので、まず目指すのは2得点。アトレティコもまた2得点が必要になりますから、スリリングな試合となりそうです。

トップへ戻る