「 マッチプレビュー 」一覧

NO IMAGE

ボルシアMG戦:大事な消化試合

この火曜日(日本では明日早朝)にカンプノウで行われるチャンピオンズ第6節、ボルシア・モンチェングラッドバック戦はFCバルセロナにとって重要な消化試合となります。バルサはすでにグループCの1位を確定させていますので、順位の点では意味のない試合ですが、勝てばUEFAから150万ユーロのボーナスを貰える事がまず1つめの大事なポイント。そしてなにより先日のクラシコ(1-1)の苦い後味を、今後への期待を感じさせるフットボルによって薄めるうえで、このボルシア戦は役に立つことでしょう。しばしばあるケースですが、リーガの傷をチャンピオンズで癒す、そんな試合です。

NO IMAGE

ルイス・エンリケ、地元でのボルシアを警戒

FCバルセロナは今夜、チャンピオンズでの重要な一戦をプレーします。グループステージ第2節、ボルシアパークを訪れてのボルシアMG戦です。セルティックとの初戦を7-0と大勝しているバルサですから、第2節でも勝つことは1/8ファイナル進出への大きな一歩となる。なんでもボルシアは本拠地で1月26日から負けがないらしく(カサ11連勝)、彼の地での勝点3確保は容易ではないと予想しますが、今季はフエラでの試合に4戦全勝しているルーチョチームなので、この良い流れを継続していくことに期待です。主役候補は攻撃ではネイマールとスアレス、守りでは古巣対戦となるテル・ステーゲン。新鮮な顔合わせでもあり、楽しみな試合です。

NO IMAGE

アトレティコ戦:今季1つめの大一番

一年を通して観光客で賑わう街バルセロナが、さらに観光客でごった返すのが毎年9月下旬に開催されるお祭り、ラ・マルセ(La Mercé)です。通りを巨人が練り歩き、人間の塔が立ち、広場ではコンサートが催され、夜はドラゴンが火を吹いては浜辺で花火が盛大に打ち上がるこの数日間。今年は明日22日から25日にかけ、バルセロナの街は祭りムード一色となります。そしてほぼ毎回このラ・マルセに合わせてカンプノウでの平日試合があるのですが、今季のLFPさんはアトレティコ・マドリーとの大一番を我々クレにプレゼント。祭り前夜を盛り上げるためにも、チョロ軍団に快勝したいところです。

NO IMAGE

いざ、カルデロン決戦

さてやって来ました、ビセンテ・カルデロンへと乗り込んでの、アトレティコ・マドリーとのチャンピオンズ1/4ファイナル第二戦です。リーガで連敗したことにより、チームを取り囲む雰囲気は重苦しくなっていますが、こんな時の最良のお薬は試合に勝つこと。強敵シメオネ組を下し、チャンピオンズ準決勝へと勝ち上がることが出来れば、自ずと活気も甦ってくるでしょう。ファンとしましてはテレビの前で、ルーチョチームが今出来るかぎりのバルサにフットボルをし、良い結果を掴み取ってくれるように応援するだけです。

NO IMAGE

チャンピオンズ再開!@エミレーツ

FCバルセロナは本日(明日早朝)ロンドンにて、夢のチャンピオンズ連覇へと向けた戦いを再開させます。国王杯はすでに決勝進出を決め、リーガ・エスパニョーラもマドリー勢との勝点差がじわじわ広がり順風満帆。欧州でもこの勢いを継続させ、1/4ファイナル行きへの大きなステップとすることが、今回のエミレーツ・スタジアムでの目標となります。遠征に次ぐ遠征と体力的にはハードな日程が続いていますが、大きなチャレンジを前にチームのモチベーションは上々。バルサはエミレーツで未勝利ですが、重要な試合でこのチームが期待を裏切ることはないですし、今回も安定した強さで良い結果を持ち帰ってくれることでしょう。

NO IMAGE

一気に決めたいバレンシア戦

ルイス・エンリケ率いるFCバルセロナは本日(日本時間明日4時)、コパ・デル・レイ決勝への切符を賭けた勝負を始めます。イダの舞台となるカンプノウへと乗り込んでくるのは、ガリー・ネビル率いるバレンシア。今季のコウモリチームは開幕より調子が上がらず、ここ5試合も1勝3分1敗と苦戦中。ネビル監督体制となってからも不振から脱することはできず、リーガでは降格圏が近付いてきました。コパは別のコンペティションゆえ、また新たなモチベーションでバルサ戦に臨んでくるでしょうが、対照的に公式戦8連勝と波に乗るルーチョチームですから一気に飲み込んでしまいたいところです。目標はただ勝つだけでなく、点差をつけて勝つことになります。

NO IMAGE

ルイス・エンリケ、ゴンサレス主審指名に「驚いた」

バルセロナが6-0で大勝したリーガでの対決からわずか中2日。今度はサン・マメスへと会場を移して行われるコパ・デル・レイでのアスレティック・クラブ戦の前日会見において、ルイス・エンリケが珍しくも審判についてコメントを行いました。通常であれば、報道陣からの質問があっても審判については口を出そうとしないルーチョですが、今回は自ら審判指名について言及。ゴンサレス・ゴンサレス氏が選ばれたことについて、「驚いた」、「どちらのチームにとっても良い報せではない」との見解を示しています。試合展開に関しては、日曜とは全く異なったものになると予想する監督です。

トップへ戻る