みんなの観戦記

デルビー・バルセロナ!

クレイジーホース さん

2011年5月08日 リーガ第35節 エスパニョール戦

まさにクレイジーですが、クラシコに行ったばかりで、デルビーにも行ってきました。

私は2ヶ月ほど前に、「これはデルビーあたりで優勝決定戦になるかもしれない。また、もう来シーズン以降は頻繁に見に来られなくなるから、カンプノウを見納めしよう」と思い、残りわずか3席くらいになった満員確実のカンプノウのチケットを購入しました。

これまでServi Caixaを使っていましたが、今度は公式HPから。どうやら公式HPのほうが、席の取り扱いがやや多そうでした。

そして、チケットはクレジットカードで決済。ソシオ番号を入れれば、多少の割引になります。また、チケットはEチケットで、自宅で印刷したものを持っていき、会場の入り口でバーコードを読ませればいいだけでした。いたって簡単。たまにServi Caixaでは端末の調子が悪く、チケットを印刷できなかったりするので、これは助かります(クラシコのときはスタジアム近く、最寄りのLes Corts駅からは2つほどServi Caixaがありましたが、一つ目が故障中か何かでチケットを印刷できず、かなり焦りました)

席はラテラル(バックスタンド)2階席のやや右寄り。やはり2階席が一番見やすいです。このような季節だと、試合開始でも陽がまだ出ていて、とてもまぶしかったので、サングラスがあるといいと思います。

今シーズンはいまいちのエスパニョール、そして、なにより前節レアル・ソシエダにまさかの敗戦を喫したことにより、試合はやや穏やかでした(クラシコと比べると、モウを中心とした精神的な緊張はないので、それは当然でした)。とはいっても、そこはデルビー。思った通り、ほぼ満員になりました。

試合は私の大好きなドンがドリブルから抜けて1点とると、後半にはピケが高さを生かしてヘディングで2点。これで試合は楽なムードになりました。何度かビジャにもチャンスがあったので、頑張って決めてほしかったです。あとは、アフェライやアビにも出場の機会が訪れ、クレとしては楽しめた一日でした。

試合前には、ウニベルシタットからカタルーニャ広場に向かう途中右手にあるアイリッシュバーで、プレミアを観戦。CL決勝の相手となるマンチェス ターユナイテッドは前半に決めた2点を守り切り、あちらさんも同様にリーグ制覇に1点と迫ったのでした。ルーニーはもちろんですが、チチャリート、ギグス、パクは危険ですね。守りも非常にコンパクトです。これで、月末のCLが楽しみです。守りに徹し、負ければ審判のせいにするメレンゲより、戦い甲斐のある 相手というものであります。

最高にファンタスティックなサッカーを最後に見せて欲しいと願っております。