トップページ選手リスト>ピケ

 

 

ジェラール・ピケ

3番 ピケ  3. Gerard Pique
   
フルネーム

Gerard Pique Bernabeu
(ジェラール・ピケ・ベルナベウ)

ポジション デフェンサ(セントラル)
国籍 スペイン
生年月日 1987年2月2日
出生地 バルセロナ
身長 192cm
体重 85kg
バルサ入団 1997年(2008年に復帰)
前所属クラブ

バルサB 03-04
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 04-08
サラゴサ(スペイン) 06-07(レンタル)

契約終了年 2015年
移籍金 500万ユーロ
違約金

2億ユーロ

 

カンテラが生んだ、大型デフェンサ。

彼の祖父はバルサで20年近く副会長を務めた大物、アマドール・ベルナベウだった。そんなことがあってか、ラポルタ会長就任後にはイングランド方面よりオファーがあっただけ干されたといわれ、マンチェスター移籍のきっかけになったらしい(真偽不明)。

(移籍の方法は、ルールの隙をついた、よくある“英国方式”だったので印象はあまりよろしくない)

しかしバルサへの愛情は失われることなく、2008年夏にバルサからのオファーがあった際には、迷うことなく“我が家”への復帰を決断した。

本職はセントラルだが、ピボッテもこなせるなど高い適応能力を持つユーティリティ選手。カンテラ育ちだけあり、ボール展開力にも優れている。長身を生かした得点にも才能を見せ、セットプレーでは攻撃の大きなオプションだ。08/09シーズンのベルナベウクラシコ(2-6)では、デランテロよろしくのプレーで6点目をゲット。

復帰初年度から、レギュラーポジションを獲得。あっという間にチームに欠かせない選手となり、スペイン代表のレギュラーにもなっている。かのドイツの皇帝にちなみ、“ピッケンバウアー”なる称号も得た。

ガタイのでかさに負けない、スケールのでかいデフェンサへとさらに成長してほしい。ガビ・ミリートとはサラゴサ時代にコンビを組んでいた。

性格は陽気で、チームを盛り上げる宴会部長。イタズラをこよなく愛す。遠征の帰郷便では、DJとして機内で大はしゃぎをする。ルックスにも恵まれ、ファッションモデルとしてもたまに活躍。

バスケットボールが好きで、ボスの許可さえあれば、ボージャンとともにパラウ・ブラウグラナに馳せ参じてバスケ部を応援する。