トップページ選手リスト>ミリート

 

 

ガブリエル・ミリート

18番 ミリート  18. Gabriel Milito
   
フルネーム

Gabriel Alejandro Milito
(ガブリエル・アレハンドロ・ミリート)

ポジション デフェンサ(左セントラル)
国籍 アルゼンチン、イタリア
生年月日 1980年9月7日
出生地 ブエノスアイレス(アルゼンチン)
身長 179cm
体重 78kg
バルサ入団 2007年7月
前所属クラブ インディペンディエンテ(アルゼンチン) 97-03
サラゴサ(スペイン) 03-07
契約終了年 2012年
年俸 250万ユーロ
移籍金 1700万ユーロ
違約金

9000万ユーロ

 

17歳でインディペンディエンテにてデビューを果たすや否や、“マリスカル(元帥)”というニックネームを貰うことになったことからも分かるように、抜群の統率力にて最終ラインをまとめ上げる生まれ持ってのリーダー。

ミリートの選手人生を大きく左右したのは、2001年から連続して経験した右ヒザの十字靭帯と半月盤の損傷だった。

2003年夏、レアル・マドリーは99%決まっていたミリートの獲得を「ビッグクラブでプレーできるヒザではない」として白紙撤回する。そしてサラゴサへ入団した彼は、その年の国王杯決勝にてマドリーを撃沈し、バルセロニスタのお気に入りとなった。

そして4年間、ほとんど怪我をすることなくサラゴサ生活を終え、満を持してバルサへとやってきた将軍。・・・だったが2008年のマンチェスター戦でひざを痛め、1年以上に渡るリハビリ生活を送った。2010年、グラウンドに復帰。苦しいデフェンサ事情に陥っていたチームを、いきなり大車輪の働きで助けた。

スペインリーグ屈指のデフェンサへと彼を成らしめた統率力、威圧感、ポジション取りの正確さによって、バルサでも存分に存在感を発揮してくれている。プジョルとのモジャ毛コンビが、他チーム攻撃陣に立ちふさがる。

長身ではないが、空中戦にも強い。