トップページ選手リスト>ボージャン

 

 

ボージャン・ケルキッチ

9番 ボージャン  9. Bojan Krkic
   
フルネーム

Bojan Krkic Perez
(ボージャン・クルキッチ・ペレス)

ポジション デランテーロ
国籍 スペイン
生年月日 1990年8月28日
出生地 リニョーラ(カタルーニャ州)
身長 170cm
体重 65kg
バルサ入団 1999年(Aチーム昇格は07年7月)
前所属クラブ バルサB
契約終了年 2015年(2010年12月延長)
移籍金 なし
年俸 推定250万ユーロ
違約金

1億ユーロ

 

バルサカンテラ待望の、超新星ゴレアドール。

父親はレッドスター・ベオグラードでプレーした元フットボル選手で、セルビア人。Krkicの発音は“どの言語を基にして読むか”によっていろいろと変わってくる。母親はスペイン人の看護師。

幼い頃から得点感覚は抜群で、あらゆる下部カテゴリのクラブ歴代記録を塗り替えてきた逸材である。2006年のU-17欧州選手権にて得点王に輝き(5ゴール)、一躍世界の注目を集める存在となった。

バルサBでも鮮烈な印象を残したボージャン少年はその能力を認められ、わずか1年後、16歳にしてトップチームに昇格している(07/08)。

第10節ビジャレアル戦では、クラブ最年少得点記録を樹立。チャンピオンズでも1/4ファイナル(シャルケ戦)にてネットを揺らし、大会史上2番目に若い得点者となった。

リーガにおけるシーズン得点10は、ラウールのデビューシーズン得点9を上回る数字。

身長は170センチほどで日本人選手よりもむしろ小さいが、ゴールに絡む感覚、嗅覚、テクニックに優れ、得点を量産する生粋の点取り屋。すばしっこい動きと抜け目なさでいつの間にやらフリーとなり、ゴールを陥れる。ボージャンの前に、体格差など関係ない。

世界最高のゴレアドールが集まるバルサゆえに、現時点ではまだ出番は多いとはいえないのだが、着実に成長しているのは確か。09/10シーズン終盤はメッシ、ペドロらとカンテラトリデンテを形成し、イブラヒモビッチから先発の座を奪い取った。

チームでは特にピケと仲が良く、イタズラをやりあったり、バスケ部を一緒に応援にいったりする。とある婦人誌で母上が明かした裏話によれば、子供時代から許嫁がいるらしい。

2010/11シーズンより、カンテラで使い親しんできたエースナンバー「9」を着用。