チアゴ・アルカンタラ

11番チアゴ
11. Thiago Alcantara
フルネーム

Thiago Alcantara do Nascimiento
(チアゴ・アルカンタラ・ド・ナシミエント)

ポジション セントロカンピスタ
国籍 スペイン
生年月日 1991年4月11日
出生地 バーリ(イタリア)
身長 172cm
体重 71kg
バルサ入団 2005年(Aチーム昇格は11/12)
前所属クラブ

l'Ureca de Vigo -2005
バルサ下部チーム 2005-2008
バルサB 2008-11

デビュー試合 2009年5月17日、マジョルカ戦
契約終了年 2015年
年俸  
違約金

9000万ユーロ

才能煌くアルカンタラ兄妹の長男。
父親はブラジル代表で1994年ムンディアル優勝メンバーのマジーニョ。
弟はバルサBでプレー中のラファ。妹もいる。

父マジーニョがセルタでプレー中、バルサスカウトの目に留まった。
ポジションはインテリオールで、攻撃的プレーを得意とする。
ブラジルの血を引いているだけあり、リズムは独特。小粋なラストパスを出す。

2010/11シーズンからトップチームの試合によく呼ばれるようになったが、プレーをすることが重要と、途中からはBチームに専念。そして晴れて2011/12シーズンより、正式にトップチームへと昇格している。

2011年夏のU-21ユーロでも中心として活躍し、スペインの優勝に大貢献。スイスとの決勝戦では、鮮やかなフリーキックを決めている。

2011/12シーズンはセスク・ファブレガスの加入によって出場機会の減少が心配されたが、ペップ・グアルディオラはチアゴも積極的に起用し、セスクとの共存が可能であることを証明。外野の議論を収束させた。攻撃的なプレーが持ち味であるが、せっせとスペースを埋めたり、プレスにも励むなど、マジメに^^チームプレーをこなしている。

バルサの将来を担う逸材であり、どでかく育ってほしい選手だ。

モテフェロモンをふんだんに放出している、と個人的には思う若者。