セイドゥ・ケイタ

15番 ケイタ
15. Seydou Keita
フルネーム

Seydou Keita
(セイドゥ・ケイタ)

ポジション セントロカンピスタ
国籍 マリ
生年月日 1980年1月16日
出生地 バマコ(マリ)
身長 183cm
体重 77kg
バルサ入団 2008年
前所属クラブ

オリンピック・マルセイユ(フランス) 99-00
FCロリアン(フランス) 00-02
ランス(フランス) 02-07
セビージャ(スペイン) 07-08

デビュー戦 2008年8月13日、チャンピオンズ予選 ビスラ・クラクフ戦
契約終了年 2014年(2012年以降は出場試合数に応じて14年まで自動延長)
移籍金 1400万ユーロ
違約金

1億ユーロ

ペップの信頼厚いセントロカンピスタ。利き足は左。

バルサ初となるマリ人選手。タイミングを見計らってのエリアへの飛び出しや、ロングシュートが持ち味だ。身体能力(ジャンプ力)を活かしたヘディングからの得点が多い。

プレーの特徴は、“無難”な点だろうか。前述したように、時折ゴール前で大きな仕事をしてくれるのだが、通常は際立った働きを見せることもない。とにかく着実にボールを受け、近くの同僚にそれを受け渡す仕事を実行している。

ファンにはそれが平凡極まりない選手と映り、ペップが何故あれほどに彼を重用するのか理解できなくもあるのだが、監督がそこまで気に入るからには、外からは分からない何かがきっとあるのだろう。怪我は少なく、連続起用にも耐えられる選手(というか、ケイタが怪我で離脱したという記憶がない)。

2012年のコパアフリカの準々決勝。自らのPKでマリを準決勝へ導いた後の会見で、喜びを見せるのではなく、母国での武力衝突を悲しむ涙をこぼし、平和を訴えた。

父親はマリ代表“伝説の黒豹”ことサリフ・ケイタ。
子供はひとり。


※2010年8月、2014年まで契約延長!
※2012年夏、悩んだ末に中国は大連へと移籍。