イサーク・クエンカ

23番 クエンカ
23. Isaac Cuenca
フルネーム

Juan Isaac Cuenca Lopez
(ファン・イザーク・クエンカ・ロペス)

ポジション デランテーロ
国籍 スペイン
生年月日 1991年4月27日
出生地 カタルーニャ州レウス
身長 181cm
体重 65kg
バルサ入団 2002年(Aチーム昇格は12年1月)
トップデビュー 2011年10月19日(チャンピオンズ、ビクトリア・プルゼニ戦)
前所属クラブ バルサB
契約終了年 2015年
移籍金 なし
違約金

2000万ユーロ

テクニックの高いエストレーモ。
紆余曲折の道のりの末、ついにトップチームまで上ってきた苦労人カンテラーノだ。

バルサ入団は11歳と若かったイザークだが、そこからの道は平坦ではなかった。なんとトップ契約を手にするまでに、彼は2度もクラブを去っているのだ。

2002年にバルサの扉をくぐりインファンティルBのメンバーとなったクエンカは、2005年にカデッテBへと昇格している。しかし2006年夏にはCFダムへと移籍。その翌年には故郷のレウスへとプレーの場を移している。そして2009年にバルサのフベニールAへと復帰するのだが、2010/11シーズンには再びサバデイへとレンタルされてしまう。

サバデイのセグンダA昇格に貢献したことが評価され、2011年夏にバルサBのメンバーとなったクエンカを、ペップは密かに注目していた。後に曰く、「2度クラブを離れて、それでも戻ってきた彼にはナニかがある」。ミスターはイザークをプレシーズンのツアーに呼び、その後も頻繁にトップチームの練習に参加させることで、経験を積ませていった。10月にトップデビューをしてからは、実質ペップチームの一員扱いだった。

そして2012年1月31日、契約を延長すると同時にトップ契約を手にしている。

クエンカの持ち味は戦術理解力と高いボールコントロール技術、機を見てのタテへの突破、そして精度の高いクロスボールだ。右サイドでも、左でもプレー可能。下部カテゴリー時代はメディアプンタをやっており、チームメイトだったテージョのゴールをアシストしまくっていたという。それだけあって、パスの出し方は上手い。ペップ曰く、「なにもしないという選択肢を持つインテリジェントな選手」だ。

ある会見でグアルディオラに「身体的に異性にモテるタイプではないけれど・・・」といじくられていたが、カノジョはいる。

トップ昇格に伴い、背番号を39から23へと変更。23を選んだのは、マイケル・ジョーダンに憧れているから。