トップページ選手リスト>ネイマール

ネイマール・ダ・シルバ

11番 ネイマール
11. Neymar da Silva
フルネーム

Neymar da Silva Santos Junior
(ネイマール・ダ・シルバ・サントス・ジュニオール)

ポジション デランテーロ プレーゾーン
国籍 ブラジル
生年月日 1992年2月5日
出生地 モジ・ダス・クルーゼス(ブラジル)
身長 175cm
体重 64.5kg
バルサ入団 2013年6月
前所属クラブ サントスFC(ブラジル) 2009-13
デビュー戦 2013年8月18日 バルサ対レバンテ(リーガ第1節、7-0)
契約終了年 2018年
移籍金 5,700万ユーロ →実は諸々込みで8,620万ユーロ
年俸 推定700万ユーロ
違約金

1億9000万ユーロ

憧れだったバルサ入団を果たした、ブラジルの若き至宝。

■その数年前よりバルサ入りが有力視されていたネイマールJr. がレオ・メッシとプレーをする夢を叶えたのは2013年夏のことだった。レアル・マドリーの横槍が入る難しい状況下、サンドロ・ロセイ会長(当時)に率いられた作戦実行チームは無事サントスFCとの合意を成立。6月3日、クレが待ち望んだクラックとしてバルセロナに上陸している。

サンパウロに生まれたネイマールが本格的にフットボルを始めたのは11歳の頃だった。2003年にサントスFCの下部組織に入団した彼は、その後順調にステップアップ。17歳にてトップデビューを果たすと、いきなり最優秀若手選手に選出されるなど、隠しようのない輝きで一躍注目選手となる。スター性に恵まれていた彼は、すぐさま個人スポンサーも獲得した。

大きな転機となったのは、2011年だ。すでに大エースとなっていたネイマールに牽引されたサントスFCは、この年のリベルタドーレス杯で見事優勝。ペニャロールとの決勝第2戦でも値千金のゴールを決めるなど、クラブの1963年以来となる三度目の南米制覇に大きく貢献している。そして出場したクラブワールドカップの決勝にて、バルセロナと対戦。メッシ、チャビ、イニエスタらが織り成すフットボルの前に4-0の完敗を喫し、バルサでプレーしたいとの思いを強めた。

※サントスのオリベイラ会長とバルサのサンドロ・ロセイ会長は2011年暮れ、カダケスにある某レストランにてネイマール移籍で合意したとも伝えられている。N&N社(ネイマール父の会社)とバルサもまた、2011年に合意をしている。ネイマール移籍をめぐっては2013年12月、不透明なおカネの動きがあったとの疑惑が浮上。家族が脅しを受けたというサンドロ・ロセイが会長を辞任することとなった。

ロンドン五輪で銀メダルを手にした2012年夏頃はまだ、ネイマールのヨーロッパ進出(バルサ移籍)は母国でのワールドカップ終了後では、との見方も有力だったが、その年末あたりからはブラジルでの時代は終わったとの報道が多数に。結果、翌年初夏に事態は大きく進展し、バルセロナへの移籍が現実のものとなった。バルサ入団前にはブラジルのエースとしてコンフェデレーションズ杯優勝。MVPも獲得している。

バルセロナ入団後はすぐさまチームに馴染み、メッシ不在時はクラックとしての責任を果たした。

 


【獲得タイトル】

    バルサ
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2013/14)
    サントス
  • コパ・リベルタドーレス(2011)
  • コパ・ド・ブラジル(2010、2011)
  • パウリスタ選手権(2010、2011、2012)
    ブラジル代表
  • 南米ユース優勝(2011)
  • ロンドンオリンピック銀メダル(2012)
  • コンフェデレーションズカップ(2013)
    個人賞
  • 南米年間最優秀選手賞(2011、2012)
  • FIFAプスカシュ賞(2011)
  • ボーラ・ジ・オロ(2011)
  • 南米ユース選手権得点王(2011)
  • コンフェデ杯MVP(2013)