トップページ選手リスト>アフェライ

イブラヒム・アフェライ

19番 アフェライ
19. Ibrahim Afellay
フルネーム

Ibrahim Afellay
(イブラヒム・アフェライ)

ポジション セントロカンピスタ(インテリオール)、エストレーモ プレーゾーン
国籍 オランダ
生年月日 1986年4月2日
出生地 ユトレヒト(オランダ)
身長 180cm
体重 76kg
バルサ入団 2010年12月24日
前所属クラブ PSVアイントホーフェン(オランダ) 2003-10
バルサデビュー 2011年1月5日 アスレチック・ビルバオ戦(国王杯)
契約終了年 2015年
移籍金 300万ユーロ
年俸 推定200万ユーロ
違約金

1億ユーロ

オランダの期待の星。

オーベルマルスやコクーといったバルサOBオランダ人たちも太鼓判の選手で、PSVとの契約が終了間際(〜2011年6月)だったことから、2010年12月24日、300万ユーロのお値打ち価格にて入団した(当時24歳。移籍合意は11月15日)。グアルディオラ時代で唯一となる、冬のマーケットでの獲得選手だ。

モロッコの血を引くアフェライは1986年4月、オランダのユトレヒトで生まれた。心のクラブであるPSVへは2003年に入団。その翌年2月にはNACとのカップ戦でデビューを果たし、その10日後にはエールディビジにも初出場している。弱冠17歳でのデビューは、彼のポテンシャルとクラブの期待度の表れだ。

アフェライがPSVの中心選手となったのは2005/06シーズン。その後は常にリーグ戦で24試合以上に出場し、オランダリーグ4連覇(2005〜2008)に大きく貢献している。2006/07シーズンには年間若手最優秀選手に送られるヨハン・クライフ賞を受賞。2010年にはカピタンも務めていた。

ペップバルサでは試合後半での出番が大半だったが、入団間もなく連続してプレー機会を得ていることからも、グアルディオラの期待感はうかがえた。2011年5月28日のチャンピオンズ・ウェンブリー決勝においても、92分に(生え抜きのボージャンではなく)3人目の交代選手として出場。これもペップの期待の表れといえよう。

2010/11シーズンのチャンピオンズ準決勝イダ(@ベルナベウ)では、途中出場直後にマルセロをぶち抜いてメッシの先制点をアシスト。良いものを持っているのは間違いないなく、数年後にはバルサを代表する選手となっていればと願う・・・。

・・・のだがツキがなく、2011年9月末の練習中に左ヒザ前十字靭帯を断裂。長く険しいリハビリ生活を乗り越え、2012年4月にプレー許可を得るも、シーズンの重要局面ゆえに出番は訪れることはなかった(5試合に出場)。

左右両サイドでプレーが可能で、インテリオール以外にもメディアプンタ、エストレーモと引き出しは多いが、中盤にタレントひしめくバルサでは、エストレーモ的に起用されるのが一般的。

持ち味は縦へのダイナミズム溢れる突破。バルサでは遠慮しているふうがあり、ガンガン積極的に前へ突き進んでいく場面はあまりなかった。というよりも出番そのものが限られているのが実情だ。

オランダ代表デビューは2007年3月のユーロ予選。主に控えメンバーとしてユーロ2008、ワールドカップ2010、ユーロ2012に出場している。

童顔。

2012年夏、シャルケへと1年間のレンタル移籍。パフォーマンス自体は良かったものの、こちらでも怪我に泣かされ、出場は13試合(4得点)に止まった。バルセロナへと戻った後も右太ももの状態は改善せず、筋肉と腱に抱える慢性痛の治療のために2013年8月22日に外科手術。回復には4ヶ月を要するとされている。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2010/11)
  • チャンピオンズリーグ(2010/11)
  • 国王杯(2011/12)
  • ヨーロッパスーパーカップ(2011/12)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2011/12、2013/14)
  • クラブワールドカップ(2011/12)
  • PSV
  • エールディビジ(2004/05、2005/06、2006/07、2007/08)
  • KNVBカップ(2004/05)