トップページ選手リスト>ジョルディ・マシップ

ジョルディ・マシップ

25番マシップ
25. Jordi Masip
フルネーム

Jordi Masip Lopez
(ジョルディ・マシップ・ロペス)

ポジション ポルテーロ プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1989年1月3日
出生地 サバデイ(カタルーニャ)
身長 180cm
体重 kg
バルサ入団 2004年(トップ昇格は2014年)
デビュー戦 2014年12月16日、バルサ対ウエスカ (国王杯1/16ブエルタ、8-1)
前所属クラブ バルサB
契約終了年 2017年
移籍金 なし
年俸 推定100万ユーロ
違約金

3,500万ユーロ

ビクトル・バルデスの後を継ぎ、カンテラ出身の守護神となれるか。成り上がりが期待されるカタルーニャ人ポルテーロ。

ジョルディ・マシップは1989年1月3日、バルセロナの隣町サバデイで生を受けた。最初に所属したのは、町の少年クラブであるCE Mercantil。オスカルルジェールジュンジュン兄弟も輩出したクラブだ。プレー開始当初、マシップはフィールドプレーヤーで、ポルテーロに転向したのは他に担当する選手がいなかったからという。仕方なく試したところ上手くいき、その後は反対していた父も認めてジョルディはポルテーロとなる。2003年のことだった。

FCバルセロナの門を叩いたのは2004年。15歳でのラ・マシア入りだった。実はポルテーロとなる前にもバルサ入団の機会があったというが、マシップ少年はそれを断っている。後日バルサTVで曰く、「自分が何をしたかったのか、僕はまだ知らなかったんだ」

2008年までフベニールAでプレーしていたマシップだったが、2008/09シーズンはテルセラ(実質4部)のUnio Esportiva Vilajuiga(フィゲレスのクラブ)へとレンタルされ、プロデビューを果たす。翌シーズンはバルセロナへと戻り、ルイス・エンリケ率いるバルサBの第3ポルテーロとなった。Bチームでマシップは、オイエル・オラサバルルベン・ミーニョたちとポジションを争っていく。エンリケ、続くエウセビオは3人のポルテーロをローテーションしていたが、エウセビオはついに彼をレギュラーとして起用。2013/14シーズンは34試合に出場した。

トップ昇格した2014/15シーズン、続く2015/16シーズンはクラウディオ・ブラボテル・ステーゲンに次ぐ第3ポルテーロとして不測の事態に備える日々。試合への出場機会はごく限られているが、プレーチャンスを得た際は安定したパフォーマンスでゴールを守ることから、常日頃の努力が伝わってくる。

【プレーの特徴】

マシップの長所は敏捷性と反射神経にある。危機を察知しては素早く動いてピンチを防ぎ、危ないシュートも反射の良さでブロック。つまり、1対1に強い。そしてなにより、フィールドプレーヤーだったことによる足元の技術の高さが、彼を特別なポルテーロとしている。相手選手にプレッシャーをかけられても、慌てることなくボールを捌けるのがマシップ。パスはもちろん精度が高い。

バルサのポルテーロを務めるための資質を備え、カンプノウで成功する大きな可能性を秘めているマシップ。“自然な継承者”としてマシップバルデスの後を継ぐことになれば、それがきっとクレにとって一番幸せなシナリオといえよう。

※2014年5月、FCバルセロナとの契約を2年間延長(〜2017)。

 


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2014/15)
  • 国王杯(2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2016/17)
  • クラブワールドカップ(2015/16)
  • 個人賞