マルク・バルトラ

15番 バルトラ
15. Marc Bartra
フルネーム

Marc Bartra Aregall
(マルク・バルトラ・アレガイ)

ポジション デフェンサ(セントラル) プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1991年1月15日
出生地 サン・ジャウマ・デルス・ドメニース(タラゴナ)
身長 183m
体重 70kg
バルサ入団 2001年
デビュー戦 2010年2月24日 アトレチコ・マドリー対バルサ(リーガ第22節、2-1)
前所属クラブ

バルサB (10-12)

契約終了年 2017年
移籍金 なし
年俸 推定200万ユーロ
違約金

4,000万ユーロ (試合出場30%未満で800万ユーロに下がる)

将来が期待されるセントラル。
目力がスゴイ。

バルトラが生まれた町タラゴナは、バルセロナから電車で1時間弱のところにある。ローマ時代の移籍で有名なこの町から、マルク少年は日々バルセロナへとフットボルをするために通った。最初に入団したのはバルサではなく、ライバル関係にあるエスパニョールだ。しかしながらバルトラはわずか1年で青白チームからアスルグラナへと籍を移す。2001年、10歳の時だった。

アレビンAにはじまり、インファンティルのBとA、カデッテのBとA、フベニールのBとAと、バルトラもまたすべての下部カテゴリーを一歩ずつ昇格してきた選手だ。トップデビューは2010年2月24日、ビセンテ・カルデロンでのアトレチコ戦(2-1負け)。この日のペップチームは守備陣が火の車で、バルトラは右ラテラルで先発したジェフレン(!)と交代で60分にピッチに入った。ポジションはそのまま右ラテラルだった。

その後の2シーズンはトップチームの練習に参加しつつも、主にバルサBでプレーをする生活が続く。トップチーム昇格は、ティト新体制がスタートした2012/13シーズン。当初はセントラルに負傷者が相次ぎながらも起用されずにいたが(無用なプレッシャーをかけないためのティトの親心)、10月末のセルティック戦でついに先発となって以降は、ぼちぼち出番を手にしていっている。

タタ・マルティーノ監督となった2013/14シーズンはプジョルが怪我に悩まされたため、ピケ、マスチェラーノに続く第3のセントラルとしてチームに貢献。計算の出来る選手として成長していった。

ルイス・エンリケが監督に就任した2014/15シーズンは、マテュー加入によって序列の4番目となり、ファンにとってももどかしい一年となった。ピケのパフォーマンスが復調し、ポジションを空けなかったことが大きい。結果、2シーズンでの合計出場数が50に届かず、契約条項によって違約金が1,200万ユーロへと減額。去就が注目を集めたが、バルサでの成功を求める心で残留を選択した。

スペイン代表では2013年6月、レギュラーとして臨んだU-21ユーロで優勝。

【プレーの特徴】

ピッチ上での特徴は、エレガントさを感じさせるプレーにある。カンテラ歴10年余のセントラルとあって、テクニックは上々。なんとなく似た感じもするピケと同じく、パスが上手だ。身長も183cmにつき、空中戦も得意。時折気持ちのこもったゴールを決める。ぶっちぎりというほどではないが、スピードもある。まだ大きな見せ場はないので、これからの大きな成長に期待だ。

【雑情報】

私生活ではテレシンコでMotoGPのレポーターを務めるメリッサ・ヒメネスさんと交際中。2015年8月、娘のガラちゃんが誕生。

 

※2011年12月、バルサとの契約を2014年まで延長。
※2014年3月、バルサとの契約を2017年まで延長。
※2016年6月、契約解除金800万ユーロ支払いでドルトムントへと移籍。幸運あれ!


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2012/13、2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2014/15)
  • 国王杯(2014/15、2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2013/14)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2015/16)
  • クラブワールドカップ(2015/16)
  • スペイン代表
  • U-21ユーロ(2013)