トップページ選手リスト>アドリアーノ

アドリアーノ・コレイア

21番 アドリアーノ
21. Adriano Correia
フルネーム

Adriano Correia Claro
(アドリアーノ・コレイア・クラロ)

ポジション デフェンサ、セントロカンピスタ プレーゾーン
国籍 ブラジル
生年月日 1984年10月26日
出生地 コリチバ(ブラジル)
身長 172m
体重 67kg
バルサ入団 2010年7月
デビュー戦 2010年8月14日 セビージャ対バルサ(スーペルコパ、3-1)
前所属クラブ

コリチバ(ブラジル) 2002-04
セビージャ 2004-10

契約終了年 2017年
移籍金 950万ユーロ
年俸 推定300万ユーロ
違約金

9000万ユーロ

ポリバレントなブラジル人サイドバック。

元々はフットサル出身。18歳にてコリチバでデビューし、20歳を前にセビージャへと引き抜かれた。サンチェス・ピスファンの6シーズンでは157試合に出場し、リーガ11得点。セビージャ時代のラストゲームはカンプノウでの国王杯決勝(対アトレチコ)で、バルサ初出場は古巣セビージャ戦(スーペルコパ)だった。

左右両足でほぼ同じようにボールを扱えるため、両ラテラルとしてプレーでき、さらにはエストレーモもこなせる。ただ、より居心地よくプレーできるのは左サイドのようだ。2012/13シーズンは守備陣のクライシスにより、セントラルでも起用されるようになった。

右のアルベスと同じく、テクニックのある攻撃的な選手。運動量は申し分なく、攻撃センスにも秀でているため、2011/12シーズンは前線で起用されることが多かった。この汎用性が、獲得の決め手となった。

怪我の多い選手で、計算のしづらいところもあったが、守備ラインに負傷者が続出した2011/12の終盤あたりからはフィジカルが改善され、2012/13シーズンは大事なところでゴールを次々に決める活躍。自身ベストシーズンとしている(2012/13は再び怪我が増えた。残念)。

代表では2004年のコパアメリカ優勝メンバー。しばらくセレソンからは遠ざかっていたが、2011年頃から、再び代表へと呼ばれるようになった。

おそらくは陽気で人懐っこい性格だと思われるのだが、なにぶんメディアにあまり登場しないので詳しくは分からない^^; 息子が2人いるらしい。

2013年5月、バルサとの契約を2017年まで延長。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2010/11、2012/13、2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2010/11、2014/15)
  • 国王杯(2011/12、2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2011/12、2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2010/11、2011/12、2013/14)
  • クラブワールドカップ(2011/12、2015/16)
  • セビージャ
  • UEFAカップ(2005/06、2006/07)
  • ヨーロッパスーパーカップ(2006/07)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2007/08)
  • 国王杯(2009/10)
  • ブラジル代表
  • U-20ワールドカップ(2003)
  • コパアメリカ(2004)