ドグラス・ペレイラ

2番 ドグラス
2. Douglas Pereira
フルネーム

Douglas Pereira dos Santos
(ドグラス・ペレイラ・ドスサントス)

ポジション デフェンサ(右ラテラル) プレーゾーン
国籍 ブラジル
生年月日 1990年8月06日
出生地 モンテ・アレグレ・デ・ゴイアス
身長 172cm
体重 67kg
バルサ入団 2014年
デビュー戦 2014年
前所属クラブ

ゴイアス(ブラジル) 2009-11
サンパウロ(ブラジル) 2012-14

契約終了年 2019年9月24日、マラガ対バルサ (リーガ第5節、0-0)
移籍金 400万ユーロ+出来高150万ユーロ
年俸 推定 150万ユーロ
違約金

3,000万ユーロ(1年間の出場数によって増え、最大6,000万ユーロ)

彗星の如く?登場してはバルサ入団となったナゾのブラジル人^^

ドウグラスの選手生活は2007年、生まれ故郷のクラブ、ゴイアスで始まった。トップデビューは2009年、18歳でのこと(グレミオとのリーグ戦)。そこでの活躍がブラジルのビッグクラブたちの目に留まり、2012年2月にサンパウロFCへと移籍する。サンパウロでの初ゴールは、古巣ゴイアス戦でのことだった。ブラジルでは2つのクラブで170試合に出場し、10ゴール。ヨーロッパでは未知の選手ゆえ、情報も少ない。

2014年夏、メディアに突然な前が登場したかと思えば、数日後にはバルセロナ入団が決まっていた。

シシーニョの後釜として獲得されたサンパウロでは当初、期待されたような成果を残せずファンから批判されたというが、バルサは伝統的にブラジル人ラテラルとの相性が良いので、出来れば彼もそれに続いてくれれいいなぁ、スビたちのスカウティングがビンゴだったらいいなぁ、くらいに期待したのだが。

バルサ初年度はデビュー戦の出来栄えが散々で、かつダニ・アルベスが継続的に試合に出場、ドグラス自身は練習中に何度か負傷するなどで、5試合しか出番がなかった。

そしてアレイシ・ビダルが半年間出場できないため、右ラテラルの第2の選択肢となった2015年夏のプレシーズンでも、フル出場して期待できるかと思えば負傷。“持ってない”選手の匂いが多分に漂う。背番号「2」に相応しい選手であることを示してほしいとの淡い期待は、程なくして終了となった。

戦力外とされ、移籍を薦められた2016年夏も、届いていたブラジルからのオファーは拒否。スペインに残り、パスポートを得るのがその目的とされる。

【プレーの特徴】

バルサ初年度の出場は合計5試合。故に、あまり詳しくは分からない。彼を知る人の説明を見るに、攻撃面では上々らしく、自分に出来ることをよく知ったうえで確実なプレーをするという。無理なシュートは打たず、得意とするパスを選ぶ。チームメイトたちのお膳立てをするのが上手い選手らしい。ルイス・エンリケが変則3バック用にドグラスを見ているとすれば、フィットする可能性もあるか。課題は守備面っぽい。

入団プレゼンテーションでダニ・アルベスを目標にしていると語ったドグラス。実際にタイプも似ているようなので、憧れのダニがカンプノウを去るまでの間に、多くのことを学び取ってほしかったが....。

【雑情報】

2014年9月16日、APOEL戦の前日会見でルイス・エンリケが、「ところで・・・」とDOUGLASの発音が「ドグラス」であると説明。「ド」にアクセントが付くので、少し伸びた感じにはなる。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2014/15)
  • 国王杯(2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2016/17)
  • クラブワールドカップ(2015/16)
  • サンパウロ
  • コパ・スダメリカーナ(2012)
  • ブラジル代表
  • U-20南米選手権(2009)