トップページ選手リスト>クラウディオ・ブラボ

クラウディオ・ブラボ

13番クラウディオ・ブラボ
13. Claudio Bravo
フルネーム

Claudio Andres Bravo Muñoz
(クラウディオ・アンドレス・ブラボ・ムニョス)

ポジション ポルテーロ プレーゾーン
国籍 チリ(スペイン)
生年月日 1983年4月13日
出生地 ブイン(チリ)
身長 185cm
体重 84kg
バルサ入団 2014年6月
デビュー戦 2014年8月24日、バルサ対エルチェ(リーガ第1節、3-0)
前所属クラブ

コロコロ(チリ) 2002-06
レアル・ソシエダ 2006-14

契約終了年 2018年
移籍金 1,200万ユーロ
年俸 推定350万ユーロ
違約金

4,000万ユーロ

リーダーシップと足技、堅実さを買われてバルサへとやってきたチリ代表カピタン。

クラウディオ・ブラボは1983年4月13日、チリの首都サンティアゴ郊外の町ブインに生まれる。フットボルを始めた当初はデランテロでプレーし、後にデフェンサへと転向するのだが、どちらのポジションも出場機会が限られていたため、ポルテーロになることを決めたのだそうだ。ところがこれが大正解となり、ブラボはすぐさま“門番”としての資質を発揮。チリの強豪コロコロの下部組織へと入団する。

トップデビューは2002年のこと。翌年には20歳を前にしてコロコロの正ポルテーロの座を掴み、4年間で約130試合に出場している。

スペインに降り立ったのは2006年6月。クラブ史上初の南米出身ポルテーロとして、移籍金120万ユーロでレアル・ソシエダへと加入した。当時のラ・レアルの監督はホセ・マリ・バケーロ。入団会見にて元バルサカピタンからユニフォームを手渡されたブラボは、「決して高く評価されてこなかったチリ人ポルテーロの能力を証明したい」と意気込みを語っている。

レアル・ソシエダはこの2006/07シーズンに降格の憂き目に遭い、以後3年間セグンダでプレーすることになる。2007/08シーズンはリエスゴの控えとなって出場のなかったクラウディオ・ブラボだが、リエスゴがレクレアティボに去った2008/09シーズンにはサモラ賞を獲得するなどチームに貢献。2009/10シーズンにはセグンダ優勝を引っさげてプリメーラへと復帰を果たすと(ナスティック戦ではフリーキックによる得点もマーク)、翌2010/11にはAS紙によって最優秀ブレイクポルテーロに選出されている。そして2014年6月、FCバルセロナへと移籍。バルサ史上2人目のチリ人選手となった。

アノエタでの8年間でクラウディオ・ブラボは237試合に出場し、外国人選手としてクラブ歴代2位の記録を樹立(1位は286試合のダルコ・コバチェビッチ)。ポルテーロとしての出場数も、アルコナダ(551)、アルベルト・ロペス(377)に次ぐ3位としている。

バルサでの1年目はリーガでの先発レギュラーとして37試合に出場し(最終節のみマシップ)、19失点でサモラ賞を獲得(1試合平均0.51失点)。堅実で安定感あるパフォーマンスはルーチョチームのリーガ奪還の大きな要素となった。一方でカップ戦での起用はなかったので、UEFAからチャンピオンズ優勝メンバーに数えられずお気の毒なことに。2年目の2015/16シーズンも安定感は健在でリーガ連覇に貢献した。

チリ代表としてのデビューは2004年のコパ・アメリカ。その4年後の2008年にはマルセロ・サラスの引退に伴い、“ラ・ロハ”のカピタンに就任した。ムンディアルは2010年と2014年大会に出場。

【プレーの特徴】

敏捷性が高く、ハイボールの処理に定評のあるクラウディオ・ブラボだが、彼の持ち味は足元の巧みさにもある。ボール捌きの上手さはポルテーロとしては世界最高レベルだと言われ、最後尾から効果的なパスを繰り出せる。その点を高く評価されてのバルサ入団となっている。またチリ代表カピタンであることが示すように、リーダーシップも備えている。

※2016年8月、ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティへと移籍。バルサでは合計75試合に出場し、安定感抜群の43失点。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ (2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ (2014/15)
  • 国王杯 (2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2016/17)
  • クラブワールドカップ(2015/16)
  • チリ代表
  • コパ・アメリカ (2015、2016)
  • 個人賞
  • サモラ賞(2部リーグ) (2008/09)
  • セグンダ最優秀ポルテーロ賞 (2008/09、2009/10)
  • サモラ賞 (2014/15)
  • LFPアワード 最優秀ポルテーロ (2014/15)