トップページ選手リスト>マスチェラーノ

ハビエル・マスチェラーノ

14番 マスチェラーノ
14. Javier Mascherano
フルネーム

Javier Alejandro Mascherano
(ハビエル・アレハンドロ・マスチェラーノ)

ポジション セントロカンピスタ、セントラル プレーゾーン
国籍 アルゼンチン
生年月日 1984年6月08日
出生地 サン・ロレンソ(アルゼンチン)
身長 174m
体重 74kg
バルサ入団 2010年8月
デビュー戦 2010年9月11日 バルサ対エルクレス(リーガ、0-2)
前所属クラブ

リーベル・プレート(アルゼンチン) 2003-05
コリンチャンス(ブラジル) 2005-06
ウェストハム(イングランド) 2006-07
リバポー(イングランド) 2007-10

契約終了年 2019年
移籍金 2200万ユーロ
年俸 推定550万ユーロ
違約金

1億ユーロ

相手チームのボールを刈りまくる、ピッチの必殺掃除人にして陰のボス。

トゥレ・ヤヤが出場機会を求めてマンチェスター・シティへと去ったことを受け、手薄となったピボーテのポジションを埋めるべく、リバポーよりやってきたメディオセントロ。バルサ入団を実現させるべく、自らの年俸カットを提案したほどだった。以後、それは“マスチェラーノ方式”と呼ばれる。

マスチェがプロデビューを飾ったのは、マヌエル・ペジェグリーニ率いるリーベルだった(2003年)。トップデビューを飾る前にフル代表デビューするという、珍しい経験の持ち主でもある。

リーベルで活躍した後は、ブラジルのコリンチャンスでプレーし(2005/06シーズン。リーグ優勝)、翌年にチームメイトだったテベスと共にウエストハムへと移籍。この年はプレミアの速いフットボルに適応できず、出場はわずか5試合に止まっている。

転機となったのは2007年1月のリバポー移籍だ。アンフィールドでマスチェはすぐさまレギュラー選手となり、シャビ・アロンソジェラールらと豪華な中盤を構成。しかしながらレッズは2004/05のチャンピオンズ制覇、2005/06のFAカップ優勝を最後にタイトルから遠ざかっており、ヘフェシートはアンフィールドでの3年半で1つのトロフィーにも恵まれなかった。そんなタイトルへの渇望を抑えることはできなくなっていたところへ、トゥレの去ったバルサからのオファー到来。迷うことなく彼はカンプノウ行きを決断するのだった。

入団当初こそリーガのプレー、審判基準に戸惑っていたが、予想以上に素早く適応。期待できないと思われていたボール捌きにも、いいモノを見せた。初年度(2010/11)終盤からはデフェンサ不足の台所事情(プジョルミリートアビダルが戦線離脱)により、グアルディオラによってセントラルへとコンバートされるのだが、これが大正解。持ち前のスピードと読み、闘争心などによって幾つものピンチからチームを救うと、以後はセントラルが彼のポジションとなった。

2010年の夏にバルサに入団して以降、ほとんど怪我もなければ風邪を引くことすらなく、出場停止、あるいは監督が休ませようと招集しなかった場合を除いてフル稼働のすばらしさだ。2011/12シーズン、2012/13シーズン序盤もまた最終ラインがピンチとなったため、マスチェラーノがいなければ悲惨なことになっていただろう。※2013年4月2日のPSG戦でバルサ時代の初負傷。空中で衝突したジョルディ・アルバがヒザの上に落ち、靭帯を損傷するという不運な怪我だった。

ルイス・エンリケが監督となった2014/15シーズンは、本来のピボーテとしての起用回数も増えた。しかし2015/16シーズンはセントラルとして不動のレギュラーに。脱税容疑による裁判やクラブへの不満、中盤でのプレー希望から、2016年夏に退団の可能性が大きいと報じられた際は、クレはパニックに。残留が報じられると、全員が胸を撫で下ろした。

【プレーの特徴】

マスチェラーノの武器はなんといっても、抜群の危機回避能力だ。予め危険を察知することに優れ、カウンターアタックを食らいそうになる前にピンチの芽を次々と摘んでいく。危なくなってしまった場合での後始末も絶品で、2010/11シーズンのチャンピオンズ・アーセナル戦で見せた彼の必殺スライディングにより、バルサは九死に一生を得た。

2014年のブラジルW杯では鬼神のごとき守備でアルゼンチンを幾度も危機から救い、一躍母国のスーパーヒーローとなった。

残念ながら、入団4年目の今もネットを揺らしていないが、時折見せる強烈なミドルシュートがチームのプレーにアクセントをつける。ぜひ近日中に、このミドルがネットに刺さる様を目撃してみたい。最終ラインからのロングパスにも良いものがある。

【雑情報】

・リーベル時代には若くして"ヘフェシート"(小さなボス)と呼ばれ、アルゼンチン代表のカピタンを務めるほど、キャプテンシーは抜群。所属したあらゆるチームで尊敬を集める人格者で、苦しい試合では、彼の存在によってチームは勇気を持つ。2015/16シーズンからはついにバルサのカピタンの一人に選ばれた。

・性格はいたって謙虚で、入団当初は「チャビイニエスタブスケツ相手にレギュラーを取れるとは思っていない」と繰り返し強調。しかし出番がくれば確実に仕事をこなし、その男前っぷりにてバルセロニスタのハートを鷲掴みにしている。男前っぷりは会見における発言にも現れており、さらりと繰り出されるコメントの数々は、ペップに並ぶほどのカッコよさだ。バルセロナに来てくれて、本当に良かったと思える選手。

・2004年、2008年とオリンピックで2度優勝した唯一のアルゼンチン人選手。北京ではメッシのチームメイトだった。

※2012年7月、バルサとの契約を2016年まで延長。
※2014年8月、バルサとの契約を2018年まで延長(+1年のオプション付)。
※2016年10月、バルサとの契約を2019年まで延長。

 


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2010/11、2012/13、2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2010/11、2014/15)
  • 国王杯(2011/12、2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2011/12、2015/16)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2011/12、2013/14、2016/17)
  • クラブワールドカップ(2011/12、2015/16)
  • アルゼンチン代表
  • オリンピック(2004、2008)
  • ワールドカップ準優勝(2014)
  • コパアメリカ準優勝(2015、2016)
  • リーベルプレート
  • プリメーラ・ディビシオン(2003/04)
  • コリンチャンス
  • ブラジル全国選手権(2005)
  • 個人賞
  • チャンピオンズベストチーム(2014/15)