トップページ選手リスト>ウムティティ

サムエル・ウムティティ

23番 ウンティティ
23. Samuel Umtiti
フルネーム

Samuel Umtiti
(サムエル・ウンティティ)

ポジション デフェンサ(セントラル、左ラテラル) プレーゾーン
国籍 フランス、カメルーン
生年月日 1993年11月14日
出生地 ヤウンデ(カメルーン)
身長 181cm
体重 75kg
バルサ入団 2016年7月
デビュー戦 2016年8月17日、バルサ対セビージャ(スーペルコパVUELTA、3-0)
前所属クラブ

オリンピック・リヨン(フランス) 2011-16

移籍金 2,500万ユーロ
契約終了年 2021年
年俸 推定250万ユーロ
違約金

6,000万ユーロ

将来の飛躍を期待されるアフリカ系セントラル。

サムエル・ウンティティは1993年11月14日、カメルーンの首都ヤウンデにてウンティティ家の第4子として生を受けた。家族がフランスのリヨンへと移住したのは、サムエルが2歳の頃。5歳になると町のクラブ FC Menival へと入団し、フットボルを始めた。名門オリンピック・リヨンのスカウトに見出されたのは2002年、サムエル少年8歳でのことだった。

リヨン入団当時、ウンティティはデランテロでプレーしていたらしい。そこから少しずつポジションを下げ、最終的にはデフェンサとしてフィット。下部カテゴリではしばしばカピタンマークを巻いていたという。

そんなウンティティがプロデビューを飾ったのは19歳(2012年1月8日)、フランス杯における街のライバルLyon-Duchère戦(3-1勝利)でのことだった。レミ・ガルデ監督はウンティティのパス能力を始めとしたプレーレベルの高さを評価し、その6日後のリーグアン、敵地でのMontpellier戦(1-0負け)でも先発起用。トップチームでの1年目は合計18試合に出場した。また同年3月にはプロ契約を手にしている。

2012/13シーズン以降はチームのレギュラー格となり、リーグ戦ではそれぞれ26試合、28試合、35試合、そして2015/16シーズンは30試合に出場。リヨンでは公式戦合計170試合でプレーし、5得点をマークした。2015年9月には21歳にしてリーグ戦でカピタンも担当。リーダーシップのある選手のようだ。リヨン時代のウンティティわずか1回しか退場になっていない点も特筆に価しよう。

2016/17シーズンに加入したFCバルセロナでは、左利きのセントラルとしてマスチェラーノのバックアップを主に期待されている。テクニックに定評ある選手だけに適応後が楽しみ。

 

代表チームではU-17、U-21でフランス代表に選出。2013年のU-20ワールドカップでは主力として活躍し、ディニャコンドグビアポグバらとともに大会優勝メンバーとなっている。フル代表では2016年のエウロコパで初招集(ジェレミー・マテューの負傷による)。ラミが出場停止となった準々決勝でデビューを果たすと、準決勝、決勝にも起用された。ポルトガルの決勝点の場面では、マークに付いていたエデルに決められたのが悔しいかぎり。

【プレーの特徴】

スピードとパワーに優れた左利きのセントラルで、広いプレー視野と高精度のパスが持ち味。フランス代表デビュー戦となったアイスランド戦では、77本のパス全てを成功させて注目を集めた。戦術理解力も高いとされ、危険を事前に察知する力がある。ベテランのごとき落ち着きとリーダーシップも備えているようだ。プレー回数は少ないが(20回ほど)左ラテラルもこなせるポリバレント性もあり。身長181cmながら空中戦もいけるとのこと。

また怪我耐性も強く、リヨン時代の筋肉系の負傷はわずか1回(2014年3月)とのこと。

【雑情報】

・入団会見ですでにカタルーニャ語を習い始めていると語り、SNSでも積極的にカタランで投稿する勉強熱心でファンに好かれるツボを心得た人物。

 


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2016/17)
  • リヨン
  • フランス杯(2011/12)
  • フランススーパー杯(2012)
  • フランス代表
  • FIFA U-20ワールドカップ(2013)
  • UEFA ユーロ2016(準優勝)
  • 個人賞