NO IMAGE

ベジェリン、バルサ復帰への扉を閉ざさず

ダニ・アルベス退団によって発生した右ラテラル問題を解決すべく、FCバルセロナが獲得を狙っているとされるのがアーセナルのエクトル・ベジェリンです。ただし問題はラテラルには破格の4,000万ユーロとも5,000万ユーロともいわれる移籍金。出戻り失敗に終わったセスク・ファブレガスの前例もありますし、この出費は大きなボトルネックです。

NO IMAGE

ピケ「優勝しなければ大逆転も意味を持たない」

本日3月17日はチャンピオンズ1/4 final の組み合わせ抽選会です。UEFA主催の抽選といえば、バルサが強豪チームと当たる一方で、黒組レアル・マドリーが異常なほどのくじ運を毎回毎回毎回毎回発揮するのが恒例となっていますが、さて今回はどうか。対戦相手は黒いマドリー、赤白いマドリー、バイエルン、ユベントス、ドルトムント、モナコ、レスターのいずれか。最近は結果に萎えてばかりなので、今度こそは納得のくじを期待したいです。“やり易さ”よりも“新鮮さ”の方を満たされる方が嬉しい。その一方でマドリーダービーなんてやってもらえればステキなんですけれど、まずないか。

NO IMAGE

アルカンタラ兄弟、去るや戻るや

バルサの平日試合のない今週は、メディアを様々な補強のウワサが賑わせています。前線の補強ではドルトムントのデンベレやモナコのムバッペ、PSGのディ・マリア。右ラテラルのエクトル・ベジェリン。次期監督候補ではファン・カルロス・ウンスエ。“バルサスタイル復活”のためにはインテリオールも必要とされており、マルコ・ベラッティやティアゴ・アルカンタラに関心が向けられているところです。その一方で退団のウワサもちらほら出始めていて、ラフィーニャが新天地探しを検討しているとの話が登場。出場時間を望むゆえの検討だそうです。

NO IMAGE

ウンスエ候補、一歩リード?

今季限りでの退任を発表したルイス・エンリケに代わって、来季は誰がこの世界有数のチームを率いるのか。これはバルセロニスタのみならず関心を引かれるテーマですが、少なくとも現時点で報じられている候補者たちは、クレの心を躍らせてはいません。地元スポーツ紙SPORTやMDが有力だと伝えているのは、ルーチョの元で第二監督を務めているファン・カルロス・ウンスエとアスレティックのエルネスト・バルベルデ。二人には悪いですが、どちらが選ばれても不安が先に立ち、特にウンスエの場合は暗い気持ちになりましょう。

NO IMAGE

ベジェリンを獲りにいく

チャンピオンズ1/8の残り半分が行われることで平日に試合のない今週は、年始から週2回ペースで試合を続けてきたルーチョチームにとって貴重な充電の時間です。選手たちは火水と連休になり、次のチームトレーニングは木曜日の午前11時から。こういう時は自ずとネタも不足しますし、来週からは代表戦ウイークに入りますから、メディアには移籍の話題が多く登場するようになるでしょう。早速、フランスのメディアから、あらぬ批判を受けて立腹しているらしいPSGのマルコ・ベラッティが移籍を考えているというウワサ話など、しばらく良いネタになりそう。結局は残留宣言で収束するんじゃないかとも思いますが、どうなりますか。

スポンサーリンク
トップへ戻る