メッシとチャビがパリ旅行した理由

それはクラックの心遣い。

チームの練習が休日となった先週火曜日、レオ・メッシはパートナーのアントネージャさんと息子のチアゴくん、そしてチャビとその恋人のヌリアさんと共に、フランスはパリへと小旅行をしました。そしてパリ市内にあるOlympique Neuilly というクラブを訪問した後、花の都でショッピングを満喫。世界にその名を轟かせるクラックたちが小さな町のクラブを突然訪問したことに、当のNeuillyの子供たちはもちろん、世界中のファンが驚いたわけですが、その本当の理由はまだ明らかにはされていませんでした。

お世話になってるパイロット氏への感謝

しかしながら、15日のSPORT紙に、その内幕を紹介する記事がありました(本当のネタ元はフランスのラジオ局 Europe1)。それによりますと、小旅行の主催者であるらしいメッシがパリへと赴いた理由は、意外かつ心温まるものです。なんとレオさん、いつもチームが緊急で遠征することになる際にお世話になっているプライベート機のパイロット氏に感謝の気持ちを込めて、このパリ旅行を実施したんだそうです。

なんでもそのパイロット氏はフランス人で、さらに具体的にはパリのNeuilly-sur-Seineのお人。息子さんたちがOlympique Neuillyに所属しています。だからメッシはパイロット氏へと”贈り物”をするために、そのクラブをサプライズ訪問したというわけで、レオのステキな人柄が伝わってくる話となっています。そこでつながってくるとは、全く想像外でした。

この小旅行に関して、クラブの責任者が予定を知らされたのは、出発の少し前だったそうです。そして周知させては騒ぎが大きくなるので、クラブ内でも多くの人には知らせず、サプライズの形をとったと。Neuillyの子供たちはもちろん狂喜ですし(メッシとチャビが帰った後、少年たちは泣いていたという)、パートナーへとサービスも出来ましたし、大成功のパリ小旅行でありました。

ちなみに、このOlympique Neuilly は小さな町のクラブなのですが、パリ市内にあるということで、有名選手たちが度々訪問しているのだとか。例えば元バルサのリリアン・チュラムの子供たちが所属をしていたり、PSG時代にはロナウジーニョだって訪問をしたり。悲しい話では、少し前には元白組のクリスティアン・カランブーがクラブを訪れたのですが、ちびっ子たちは誰も彼のことを知らず、失意の帰宅となったそうです(涙)。

スポンサーリンク
トップへ戻る