ルーチョ新監督

ルイス・エンリケの新監督就任をバルサが発表。

トップチームの公式戦が残念な形で終了し(水曜にコパカタルーニャ決勝はありますが…)、一夜明けた19日(月)、新シーズンへと向けた公式発表が立て続けに行われました。まず第一に、ルイス・エンリケの監督就任。そしてマルクアンドレ・テル・シュテーゲンの獲得と、ラフィーニャとデウロフェウの出戻り、ホセ・マヌエル・ピントの退団。どれも数週間前からほぼ間違いないと言われていたことなので驚きはないですが、正式に決まるとワクワクもしてくるから不思議なものです。新監督も決まり、これからいよいよ新チーム作りが本格化。出入りが多いとされる夏だけに、かなり賑やかになりそうです。

テル・シュテーゲン獲得、ピント退団

落胆の日曜を経て、新たな週の始まりとなった19日(月)午後、FCバルセロナの理事たちは臨時会合を開きました。そこでスポーツディレクターのアンドニ・スビサレッタは、先日退任を発表したヘラルド・マルティーノ監督の後任として、こちらもセルタ退団を表明していたルイス・エンリケ(44)を提案。理事たちはそれを承認し、今回の発表となった次第です。ルーチョの件はすでに既成事実化していたので、形式上の手続きではあります。契約期間は2年になります。

ルイス・エンリケの監督就任プレゼンテーションは21日(水)、契約書へのサイン儀式終了後にカンプノウに隣接するAuditori 1899にて行われる予定。先日カルラス・プジョルのお別れセレモニーが行われた場所ですね。

同じくこの臨時会合でスビサレッタは、ビクトル・バルデスの後任としてのマルクアンドレ・テル・シュテーゲンの獲得と、ホセ・マヌエル・ピントの退団を理事たちに報告。理事会は後に、「ホセ・マヌエル・ピントのこの数年間におけるプロフェッショナル精神と献身に対し、公に感謝の意を表したい」とのコメントを発しています。アルベルト・ジョルケラの負傷によって2008年1月にレンタル移籍し、見事正式契約を勝ち取ったピントさん。裏方としてチームを支え、ビクトル不在の急場にはパラドンで貢献してくれた彼にはクレもとても感謝しています。ピントのこれからに、たくさんの幸あれ!

また、昨年トップ昇格し、出場機会を求めて武者修行に出ていたラフィーニャ・アルカンタラ(セルタ)とジェラール・デウロフェウ(エバートン)のバルサ復帰も決定。来季はこの若者たちの活躍が楽しみです。

裏方人事もいくつか

コーチ人事では、ティト・ビラノバのアシスタントとして指揮官不在時に奮闘したジョルディ・ロウラが、数日前にクラブを追われたギジェルモ・アモールの後任として育成部門のディレクターに就任。トレーナーのアウレリ・アルティミラがこちらも解任されたアルベルト・プッチの後釜として育成部門のコーディネーターになることが発表されています。バルサB監督エウセビオ・サクリスタンへは契約更新がオファーされていて、彼は来季もフィリアルを指揮することになりそうです。

そしてフィジカルトレーナーのパコ・セイルーロが、今回新設されたトレーニングメソッド部のディレクターに任命されています。長年の功労に敬意を表し、というところでしょうか。

“チームルーチョ”

ティト・ビラノバが信頼を置いていたジョルディ・ロウラとアウレリ・アルティミラがフットボルバッセへと仕事場を移し、ティトに乞われて去年ジローナからやってきたフランシスコ・フェレール・“ルビ”も退団。ヘラルド・マルティーノのアシスタントだったホルヘ・パウタッソとエルビオ・パオロロッソもチームを去りますから、来季のコーチ陣もまた大きくその陣容を変えます。ルイス・エンリケが信頼するパートナーたちを、ずらりと引き連れてやってくるわけです。

いわゆる“チームルーチョ”は4人のメンバーがいるそうです。まずは右腕となるファン・カルロス・ウンスエ。こちらは以前バルサのポルテーロコーチをしていたので、バルセロニスタにもお馴染みの人物です。彼は一度監督としての成功を目指してヌマンシアやラシンを率いましたが、あまり上手くいかず。昨年からは友人であるエンリケの誘いを受け、彼のアシスタントを務めています。

その他、こちらもバルサの下部組織出身でルーチョにいつも付き添っているスカウティング(情報収集・分析)の専門家ロベルト・モレノ、フィジカルトレーナーのラファエル・ポル、心理学者のホアキン・バルデスの4人が、ルイス・エンリケが信頼し行動を共にしているスタッフたちで、監督と共にバルサへと来るでしょう。

コーチングスタッフは今後、スビサレッタと話し合いながら再編が進んでいきます。現時点では、バルサBでエウセビオのアシスタントを務めているジョアン・バルバラが、第3監督として“チームルーチョ”入りが有力な様子。バルバラもまたルイス・エンリケの知己で、3年前にはバルサBで彼のアシスタントだった人です。

スポンサーリンク
トップへ戻る