カテゴリー別アーカイブ: バルサニュース

ストイチコフ「選手たちを信じている」

リーガ・エスパニョーラで現在首位をいくレアル・マドリーがメスタージャで敗北しました。失礼ながら、あまり期待はしていなかったバレンシアの“援護射撃”だけに、バルセロニズモは驚きつつもビタミン注射を受けたがごとく元気復活。日曜日のアトレティコ戦に勝てば流れも大きく変わりますから、選手たちの気合いも前夜までとは違っていることでしょう。公の場に姿を現した選手たちは口々に”自分たちはやれる、やらなければならない”と語っています。私たちファンはその言葉を信じ、チームをサポートしなければならない。ドリームチームで幾多の苦難を乗り越えたウリスト・ストイチコフはそのようにメッセージを送っています。

アトレティコ戦勝利で右ラテラル補強?

この2月22日は日本では“猫の日”が有名ですが、フットボルで“2番”と呼ばれるポジションといえば、そう右ラテラルです(強引)。ルーチョチームで現在右ラテラルを担当しているセルジ・ロベルトは、シーズン序盤こそ良い活躍ぶりでしたが、このところは見るからに元気がなく。PSG戦ではドラクスラーたちにやられ、レガネス戦では彼のエラーが失点につながるなど、心身両面でかなり疲弊していると推察されます。初のフル稼働シーズンを本職ではないポジションで戦っていくことはやはり容易でなく、ロベルトは今明らかに消耗している。長期離脱となったアレイシの代役問題を解決しなければなりません。

惨敗理由をチームは話し合い…

チャンピオンズ1/8 final 第1戦での大敗は、スコア(4-0)のみならず負け方が散々だったことがバルセロニズモに大きな打撃を与えました。外野の私たちがショックを受けているわけですから、世界中の人々が見つめるなかでボロ負けした選手たちが傷付いていないわけもなく、これから自分たちがどのようにこの状況に対処していくか、真剣に考えていることと想像します。そこでメディアが関心を示しますのは、話し合いの内容がどのようなものであったかで、現時点で伝えられているのは大雑把に分けて2つ。まず1つめは選手たちが監督に疑念を抱いているという薄暗い話で(主にマドリー系)、もう1つはとりあえず今季終了までは皆でまとまっていこうとする前向きな話です。

ベルナベウ 貸して下さい

2016/17シーズンの国王杯決勝戦。FCバルセロナと栄えあるトロフィーをかけて競うのはデポルティーボ・アラベスに決定しました。バライドスでのイダを0-0で乗り切り、本拠地メンディソローサでのブエルタに1-0で勝利したアラベス。古巣セルタと対戦したいとのルイス・エンリケの希望は叶いませんでしたが、コパの王に決勝初進出のチームが挑む構図はなかなか新鮮でいいんじゃないでしょうか。そしてバルサが決勝に勝ち進むと毎回のように登場するのが、会場をどこにするのか問題。バルセロナとしては立派で収容人数の多いサンティアゴ・ベルナベウを是非お借りしたいのですが、何故だかマドリーさんはスタジアムを貸し渋るので、いつもゴタゴタします。

バルサ戦の笛は吹きたくない

明らかにゴールラインを越えているにもかかわらず、認められる事のなかったリーガ第20節ベティス戦でのバルセロナのゴール。こんなスキャンダラスな誤審が発生するのは、主要リーグではゴールラインテクノロジーが利用されていないリーガ・エスパニョーラくらいだとして、今回の件は憤懣やるかたないバルサ系メディアだけでなくマドリー方面でもそれなりに問題として扱われている様子です。これで盛んになっているのが、リーガでも最新技術を導入すべきではないかとの議論。もっとも先のベティス対バルサの件はなんでも57cmほどラインを越えていたそうで、新技術なんて使わなくても得点に認められるべきものでしたが。

未来のセントラル(?) ジェリー・ミナ

FCバルセロナの未来のセントラルと呼ばれているのが、ブラジルのパルメイラスに所属するコロンビア人選手、ジェリー・ミナ(22)です。チームのブラジル選手権(カンペオナート)優勝に貢献し、大会最優秀デフェンサに選出された彼はバルセロニスタとして知られており、バルサも購入オプションを保有しているなど、近い将来のバルサ入団は濃厚そうな状況。年俸額で上回るマンチェスター・シティなどの誘いも断り、一途にカタランクラブからのオファーを待ってくれているそうです。しかしながら流動的な要素も含んでますので、バルサとしては過信してもいられない。これから選手側との面談を経て、どう行動するのか決めていくとされています。