タグ別アーカイブ: コパ

ルイス・エンリケ「アノエタでの勝利に近付いている」

国王杯1/8でアスレティック・クルブに逆転勝利を収めたFCバルセロナが、1/4ファイナルで挑むのは過去8度の訪問で勝利がない苦手中の苦手スタジアム(3分5敗)、アノエタの攻略です。バルサが美食の都サン・セバスチャンで最後に勝ったのはフラン・ライカー時代の2006/07シーズンに遡り、以後はペップチームでも白星なし。今季はクラシコ前のリーガ第13節にアノエタを訪れたバルサでしたが、内容ではラ・レアルに完敗し、1-1で引き分けられたことが幸運(エウセビオチームにとっては不公平)でした。このネガティブな流れを打ち破ることで、バルサのコパ準決勝への道は明るくなる。難しいとは思いますが、価値ある白星を期待したいです。

流れを好転させそうな勝利:アスレティック戦

クレの熱い声援を受けたFCバルセロナがアスレティック・クルブを退け、コパの1/4ファイナルへと駒を進めました。もし負けると失うものが多く、勝ち抜けの場合も得るものが多かったこの試合。前半はバスクチームの裏を狙うことに重点を置き、あまり得点チャンスを作れないバルサでしたが(オフサイドと判定され続けた)、後半は主導権をしっかりと握って押し切ったのが好印象でした。敵将バルベルデさんも「バルサが上回っていた」と称えるまずまずの内容。トリデンテにゴールが戻ったことが気持ちを明るくさせますし、メッシが3試合連続フリーキック弾によって“THE BEST”が誰なのかを示したことも痛快で、チームの転機になると期待していいんじゃないでしょうか。

ルイス・エンリケ「泣いて不満を言うのは簡単」:アスレティック戦前日会見

すっきりしない雰囲気となっているルーチョバルサに、2017年最初の勝負の時がやってきました。サン・マメスで敗れ、ビジャレアルでは引き分けたことで、新年初白星がお預けとなっているバルセロナ。今回は特にカンプノウでの試合ですから、先月21日から3週間ぶりの再会となる地元ファンの前で残念なイメージを残すわけにはいきませんし、コパ1/4に勝ち進まなければ、巷からの批判を受けてFIFA式典を欠席した甲斐もない。ここ2試合はメッシのフリーキックによる得点しかなく、その事も晴れない気分につながっているので、是非この強敵アスレティックとの勝負を状況打開のきっかけにしたいところです。

レジェスマゴスの夜の、コパの王対決@1/8 final

約2週間半に及ぶクリスマス休暇が終わり、スペインでも公式戦が再開されました。FCバルセロナの2017年初戦は、サン・マメスへと乗り込んでの国王杯1/8ファイナルの第1戦(イダ)。こんな早いラウンドで実現するのは少々勿体ない、アスレティック・クラブとの“コパの王対決”です。この1月5日から6日にかけてはクリスマスシーズンの最後を告げる東方三賢者の日(レジェス・マゴス)ですから、現地スポーツ紙の見出しはお決まりの「レジェス(王たち)の夜」。ただしビルバオファンではなく、バルセロニスタの元へとレジェスの贈り物が届くことに期待する夜です。

ルイス・エンリケ、マドリーの処分軽減に「なんでも構わない」

未成年選手との契約に対してFIFAとかいう組織がレアル・マドリーに科した罰が、スポーツ仲裁裁判所によって見事に軽減されたことで、バルセロニスタの神経が逆撫でされている冬至の日。バルサとマドリーの処分の差はどうせFIFAとかいう組織との関係性によるもので、考えるほどに胸糞が悪くなりますので、ここは気持ちを切り替え、バルサの年内最終戦である国王杯エルクレス戦に集中することにいたしましょう。敵地でのイダが1-1の引き分けだったことで、勝敗はオープンな状況にあります。南米トリデンテが3日早い冬休みをもらって不在の中で、いかにしてゴールを奪って勝つか。セグンダBのチームが相手とはいえ、舐めると痛い目に遭います。

ルイス・エンリケ「過度に心配するような兆候は見えない」:エルクレス戦前日会見

アノエタでの“完敗”(スコアは1-1)が、バルセロニスモに不安を生じさせています。カンプノウクラシコを6日後に控えてのダメっぷりだったことで、ざわつきは割り増し気味。采配が疑問視されたルイス・エンリケへの風当たりは強くなっており、土曜日のマドリー戦は彼とチームにとっての正念場です。しかしながらアストゥリアス人指揮官はこの程度の批判に影響を受けるようなたまではなく、自分のスカッドへの自信と信頼を強調しています。バルサの国王杯16/17初戦、アリカンテを訪れてのエルクレス戦の前日会見でのコメントです。