「 チャンピオンズ 」一覧

NO IMAGE

ピケ「優勝しなければ大逆転も意味を持たない」

本日3月17日はチャンピオンズ1/4 final の組み合わせ抽選会です。UEFA主催の抽選といえば、バルサが強豪チームと当たる一方で、黒組レアル・マドリーが異常なほどのくじ運を毎回毎回毎回毎回発揮するのが恒例となっていますが、さて今回はどうか。対戦相手は黒いマドリー、赤白いマドリー、バイエルン、ユベントス、ドルトムント、モナコ、レスターのいずれか。最近は結果に萎えてばかりなので、今度こそは納得のくじを期待したいです。“やり易さ”よりも“新鮮さ”の方を満たされる方が嬉しい。その一方でマドリーダービーなんてやってもらえればステキなんですけれど、まずないか。

NO IMAGE

歴史的逆転を信じて:PSG戦

さてやってきました、パリ・サンジェルマンをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ1/8 ブエルタです。優勝は懸かっていませんし、天下分け目でもないトーナメントの1回戦ですが、ルーチョバルサにとっては今季を代表する決戦の一つ。イダでの4-0をひっくり返すという、チャンピオンズではまだどこのチームも達成したことのない難行にもし成功すれば、彼らは文字通りフットボルに歴史を作れる。3週間前は到底可能だとは信じられませんでしたが、そこから「ひょっとして」と思えるように持ってきたのは見事ですし、せっかくなので祭りにしちゃってほしいです。

NO IMAGE

大逆転のために攻撃的に

パリでのイダを4-0で落としたことで、ルーチョバルサは地元カンプノウでのブエルタにて少なくとも4得点を決めなければなりません。もし1点を奪われてしまうと、90分以内に6点以上と難易度がさらに無理めにアップ。こちらが完璧な試合をし、尚且つエメリPSGがダメな試合をしないかぎりは、実現はないであろう逆転ミッションです。まずは前半で2-0以上とすることが重要ですが、どのようなアプローチでそれを目指していくか。ルイス・エンリケは5-0で完勝した週末のセルタ戦の後、「私たちはリスクを冒していく」と宣言しており、ここ3試合で採用して機能し始めてきた3-4-3が水曜日も繰り返されると見るのが妥当なところでしょう。

NO IMAGE

これが現実…:PSG戦完敗

FCバルセロナが王子たちの公園 パルケ・デ・ロス・プリンシペスにて、PSGに4-0の大敗を喫しました。激しさ、プレー内容、戦術、気迫などあらゆる点においてバルサはパリチームに敵わず、印象としてはスコア以上の大敗。3週間後にカンプノウでのブエルタが残っているとはいえ、アウェイゴールを奪えなかったことで奇跡的レモンターダへの望みは限りなく薄く、10年ぶりとなる1/8 final での敗退が濃厚な状況といえましょう。勝ったり負けたりを繰り返し、なんとなくここまできた今季のルーチョチームでしたが、どうもこれ以上は期待できそうになく。某ガンダムのスレッガー中尉の言葉を借りれば、「悲しいけどこれ、現実なのよね」。嗚呼!

NO IMAGE

チャンピオンズ再開!:PSG戦

約2ヶ月間の休止を終え、チャンピオンズ2016/17が今日から再開します。グループステージもそれはそれで楽しいですが、真の戦いはやはりこのノックアウトステージから。くじ運の悪い、もしくはUEFAさんに毎回盛り上げ役を期待されているのであろう我らのFCバルセロナは、お馴染みのウナイ・エメリ率いるパリ・サンジェルマンと1/8 final を戦います。正直、食傷気味のカードですが、恋人たちの日といわれる聖バレンティンの日に愛の国フランスの首都でプレーするのは、趣きはある。舞台となる王子たちの公園 パルケ・デ・ロス・プリンシペスでバルサのステキな王子様たちが、クレをめろめろにしてことに期待です。

NO IMAGE

バルサには“宝石”を、マドリーには花束を:チャンピオンズ1/8組合せ抽選

12日にニヨン(スイス)のUEFA本部にて開催されたチャンピオンズ1/8ファイナル組み合わせ抽選会を前に、バルセロニズモ界隈で流行していた言葉がありました。それはボルシア・モンチェングラッドバック戦終了後の記者会見にて6日後の抽選について訊ねられたルイス・エンリケが口にした、「joyita 小さな宝石」なる言葉です。バルサ監督はこの時、「驚きはない。私たちは一番難しいライバルか、グループステージで最も多く勝点を獲得した2位チームと当たることだろう。爆弾クジには慣れている。どんな“joyita”と当たるか見てみよう」と返答。そしてクレの大半も同意したその“予言”が的中し、パリ・サンジェルマンという宝石が当たった次第です。

スポンサーリンク
トップへ戻る