「 デランテロ 」一覧

NO IMAGE

デウロフェウがバルサに復帰する条件

ルーチョバルサがレアル・ソシエダに勝利した後のインタビューで、「彼はバルサでプレーするためにいる」と今季末でのジェラール・デウロフェウの買い戻しを明かしたロベルト・フェルナンデスSD。冬のマーケットでエバートンからミランへと期限付き移籍された23歳のカタランエストレーモは、ここまでリーグ戦12試合に出場し(9つがフル)2ゴール3アシストの成績を上げています。その活躍ぶりにロベルトSDはクラブへの呼び戻しを決断。オペレーションはエバートンに1,200万ユーロを支払うことで完了します。

NO IMAGE

アルカセルの新たな可能性

バルサが1-4で勝利した日曜日のグラナダ戦で、話題の一つとなったのは決勝点となる1-2のゴールを決め、後半追加タイムにはネイマールのバルサ通算100得点をアシストしたパコ・アルカセルです。バレンシアーノはこの試合をベンチから始めましたが、ラフィーニャがヒザを負傷するとルイス・エンリケは彼を右エストレーモの位置に置くことを選択。前半は不慣れなポジションに苦労していたものの、後半に入ると積極さを増して前述の好結果を残しました。

NO IMAGE

今夏は主力級補強を狙うバルサ、その1人ディバラを獲得するためのカギとは

毎年各チームには補強の優先ポイントが存在します。去年のバルサにおける補強テーマは“ミドルクラスの選手たちによってスカッドの層を厚くする”。これはチャビやペドロらが去ったことで不動の先発イレブンとベンチメンバーの実力差が大きくなり、レギュラーたちを酷使した結果シーズン終盤に息切れしたことを踏まえてのプランで、対策としては将来性あるウンティティ、ディニェ、デニス・スアレス、パコ・アルカセル、そしてアンドレ・ゴメスら若手がテクニコたちに選ばれました(+シレセン)。

NO IMAGE

パコ・アルカセル 今日にも

FCバルセロナ今夏6人目の補強選手、パコ・アルカセルの入団が間もなく公式発表されるようです。現在ラス・ロサスでスペイン代表合宿中のデランテロは昨日朝、マドリーへと出発する前にバルセロナへ立ち寄りバルサのメディカルチェックを通過。移籍のために必要な作業は全て終えており、残すはバルサとバレンシアによる公式発表だけだと見られています。昨日にも行われると報じられていた発表は、バレンシアさんの諸事情のために1日遅れましたが、奇しくも今日30日はパコの23歳の誕生日。移籍発表は良い誕生プレゼントとなるでしょう。メスタージャの象徴のようなカピタンを引き抜くのは、複雑な気分ではありますけれど。

NO IMAGE

パコ・アルカセル、入団目前

FCバルセロナがバレンシアとのパコ・アルカセル移籍交渉を終えたようです。各メディアが伝えるところでは、バルサはバレンシアの所有者であるペーター・リム氏ならびに選手側とクラブ移籍で合意。あとはバレンシアが内部の意見対立を解決すれば、正式に作戦完了となる見込みです。カタランクラブから支払われる移籍金は固定額3,000万ユーロ+変動額500万ユーロとされ、ムニールやサンペールが作戦に含まれる可能性もあります。アルカセルは第4のデランテロとしての役割を受け入れた上での移籍となり、バルセロナとは5年契約を結ぶと見られています。ジャスペル・シレッセンとパコの加入をもって、ルーチョチームのこの夏の補強活動は終了となります(放出はある)。

NO IMAGE

アルカセル、“かつてなく”バルサに接近

バレンシアの“9番”、パコ・アルカセルのバルセロナ移籍が現実になろうとしているようです。バレンシアのスポーツ紙SUPERDEPORTE(スーペルデポルテ)紙はこのアルカセルの状況について、「かつてないほどにバルセロナへと近付いている」と記載。今週中にもオペレーションが完了するのではないか、とアイドル残留へ悲観的な見方を強めています。各方面の情報によりますと、バルセロナはバレンシアのオーナー、選手本人と移籍での合意を取り付けている。二人との合意があれば交渉を成立させるにはほぼ十分で、近日中に決着が付くとの見解が有力となっています。

スポンサーリンク
トップへ戻る