「 マスチェラーノ 」一覧

NO IMAGE

マスチェ「おそらく、僕のゴールはない」

マニータ祭りとなった先日のラス・パルマス戦の主役の一人は、年末の国王杯エルクレス戦以来の先発となり、5-0の得点でケーキにイチゴを乗せたアレイシ・ビダルでした。カタランラテラルにとっては、これがバルサでの記念すべき初得点。出場機会は少ないもののチーム内で愛されているというアレイシだけに、ゴールが決まった瞬間のベンチはテクニコ陣も含めて全員が笑顔を爆発させていましたし、なによりも彼自身の嬉しそうな表情がクレの心を打ちます。パコ・アルカセルもそうですが、もがいている選手に結果が出る瞬間はファンとして本当に嬉しくなります。

NO IMAGE

マスチェラーノ「これがバルサでの最後の契約」

10月17日(月)、FCバルセロナのクラブオフィスにてハビエル・マスチェラーノの契約更新が行われました。クラブと選手が契約延長で合意したことはすでに夏に伝えられていましたので、今回のこれは単なる手続きに過ぎませんが、なんにせよ退団も濃厚とされたヘフェシートとの契約延長はめでたきこと。取り沙汰された問題が解決され、彼がカンプノウでプレーを続けようと納得したことが嬉しいです。2019年までの契約が満了すれば、“小さなボス”は37歳。その後バルサTVの番組 Hora B に出演したマスチェラーノは、「これがバルセロナとの最後の契約になるだろう」と述べています。

NO IMAGE

アルベスは去る、マスチェラーノは残るだろうとロベルト・フェルナンデス

バルサ史に黄金の文字でその名を刻んだ偉大なるラテラル、ダニ・アルベスの退団がFCバルセロナによって正式に発表されました。2日に現状総括の記者会見を開いたロベルト・フェルナンデス(セクレタリオ・テクニコ)がダニについて訊ねられ、「彼は退団を決意した。クラブはそれを尊重する」と回答。数日前から彼が去るのは間違いないと言われていましたが、いざ現実となると寂しさはひとしお、全てが移ろい行くものだとは分かっていても切なくなります。ダニ、これまで本当にありがとう。

NO IMAGE

マスチェラーノとアルベス、今のところの状況

ハビエル・マスチェラーノがユベントスと3年契約で基本合意したぞ、というSPORT紙の放った爆弾に各方面が盛り上がるなか、アルゼンチン代表へと合流しているマスチェ本人が同国のスポーツ専門チャンネル TyC Sports の番組 Doble 5 に登場。代表への想いについて語ると同時に、ウワサについてもコメントしています。気になるその内容は、移籍については否定も肯定もせず。またメディオセントロでのプレー希望やバルサへの不満ととれる言葉も述べているので、伝えるメディアによって解釈も違っている状況です。

NO IMAGE

マスチェラーノは放出対象外

ダニ・アルベスがユベントスへ移籍するだろう、とのニュースがメディアを駆け巡る数時間前、バルセロニズモに悲鳴を上げさせていたのが、ハビエル・マスチェラーノが移籍でユベントスと基本合意に達したとの知らせでした。この件を最初に報じたSPORT紙によりますと、マスチェラーノとトリノクラブが3年契約で基本合意した一方で、クラブ間交渉は手付かず。ユーベの申し出は年俸面でバルサを上回っているほか、スポーツ面でも本職のメディオセントロ出場を提案するなど、魅力的な内容となっているようです。バルサにはプロジェクトの中心選手であるマスチェを放出する考えはないとされます。

NO IMAGE

バルトラは退団を決意、マスチェラーノは熟慮中?

日曜日のコパ決勝をもって、2015/16シーズンの公式戦が全て終了したバルセロナ。クラブでの任務を終えた選手たちはすでに世界各地へと散り始めており、ここからの主役はデスクワーク組へと移っていきます。バルセロナ系スポーツ紙の表紙はさっそく移籍に関するニュースが占拠。バルサがあの選手にコンタクトしたらしいぞ、あの選手は将来が定かではないと言われる中で、退団間違いなしと伝えられているのがルイス・エンリケの信頼を今季も勝ち取れなかったマルク・バルトラです。

スポンサーリンク
トップへ戻る