「 FIFA 」一覧

NO IMAGE

マドリーの処分は何故軽減されたのか

2016年12月20日、スイスのローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所(スペイン語でTAS)が、未成年選手の獲得に関するルール違反でFIFAに科されていたレアル・マドリーの処罰を半分に軽減する、との判決を下しました。同じ違反をしていたバルサの主張がTASに認められなかったのに対し、マドリーは冬のマーケットのみ新規獲得禁止という、ほぼダメージなしの裁定。バルサとマドリーは同じ法律事務所に弁護を依頼していたにもかかわらず結果は大きく異なっているわけで、クレとしてはおかしいと不満爆発ですが、マドリーが後発でFIFAとの関係も良かったことが明暗を分けたようです。

NO IMAGE

ルイス・エンリケ、マドリーの処分軽減に「なんでも構わない」

未成年選手との契約に対してFIFAとかいう組織がレアル・マドリーに科した罰が、スポーツ仲裁裁判所によって見事に軽減されたことで、バルセロニスタの神経が逆撫でされている冬至の日。バルサとマドリーの処分の差はどうせFIFAとかいう組織との関係性によるもので、考えるほどに胸糞が悪くなりますので、ここは気持ちを切り替え、バルサの年内最終戦である国王杯エルクレス戦に集中することにいたしましょう。敵地でのイダが1-1の引き分けだったことで、勝敗はオープンな状況にあります。南米トリデンテが3日早い冬休みをもらって不在の中で、いかにしてゴールを奪って勝つか。セグンダBのチームが相手とはいえ、舐めると痛い目に遭います。

NO IMAGE

アルダ&アレイシ解禁!

2016年1月4日、バルセロニスタ待望のニュースが届きました。それはラファ・ベニテスがとうとうサンチャゴ・ベルナベウから追い出されたことではなく、アルダ・トゥランとアレイシ・ビダルが晴れてFCバルセロナの選手として出場登録されたこと。FIFAとかいう組織の罰によって試合という試合に出場できないことを承知で、二人がバルサと契約を結んでから約半年後、ルイス・エンリケはようやく彼らを起用することが可能となります。水曜日のコパでのデビューが予想される二人がどんな空気を新たにもたらすか、非常に楽しみです。罰が終わったこの冬、バルサはフットボル組織全体で77選手を新規登録します。

NO IMAGE

白組もいよいよ、補強禁止?

2015年も残すところ1ヶ月と数日。明けましておめでとう!と元日の日が昇れば、FCバルセロナはついに新規選手の登録が認められます。トップチームのアルダ・トゥランとアレイシ・ビダルを始めとして、バルサB以下の下部チームにもその時をいまや遅しと待っている選手たちが数多くいる。半年出場できないことを知って入団してくれた選手たちの爪もそろそろ、噛みすぎてなくなっているかもしれません。あと少しの辛抱です。その一方で、このバルサが食らったボディブローのようなダメージとなる罰が始まるらしいクラブもある。スペイン首都の白い色をしたクラブです。

NO IMAGE

アルダ登録問題はスポーツ仲裁裁判所へ

リオネル・メッシのリハビリが第2段階へと入ったごとく、“アルダ・トゥラン登録問題”もまた次なるステージへと進もうとしています。長期離脱した選手の代わりに代替選手を登録できるというリーガ・エスパニョーラの規約にも難癖を付け、バルサへの嫌がらせを続けてくるFIFAという組織に対し、FCバルセロナはスポーツ仲裁裁判所へとこの件を持っていくことを決断。FIFAからの制裁は8月31日をもって終了しており、国内ルールによってアルダは登録できるとの考えにより、1月4日まで新規登録を禁じている制裁の停止を求めていく模様です。

NO IMAGE

選手たちの要望:アルダ登録への“勇気ある行動”

FCバルセロナは今、とても難しい状況に陥っています。攻守ともに昨シーズンの安定感とは程遠く、失点は重なり得点は決まらず。前半で勝負を決めて快勝なんてゲームはまだひとつもありません。その大きな要因が多発している負傷者にあるのは間違いないでしょうし、残された選手が無理をすることで怪我をしやすくなる悪循環となっています。ボディブローとなってじわじわチームを苦しめているのは、FIFAに科せられた選手の新規登録禁止処分。特にセントロカンピスタのやり繰りは厳しく、これ以上の離脱者が出ればもうやっていけそうにない。なんとかアルダ・トゥランの登録は出来ないものかと、選手たちから理事会に要望も出たようです。

スポンサーリンク
トップへ戻る