「 Remontada 」一覧

NO IMAGE

チャンピオンズと涙の別れ:ユベントス戦

カンプノウの魔法も、イタリア王者ユベントスには効果を発揮しなかった。カンプノウで行われたチャンピオンズ1/4 finalブエルタは0-0のエンパテに終わり、PSG戦に続くレモンターダを目指したルーチョバルサの夢は実現することなく終了となりました。前日会見でのルイス・エンリケの言葉どおり、攻めに攻めたバルセロナでしたが、分厚いユーベの壁を個人突破中心で破るのは容易ではなく。わずかに作り出した隙間を突いてのシュートはことごとく枠を捉えず、意地の1点を奪うことも叶いませんでした。希望の光でカンプノウを沸かすこともできない完敗。エンリケ路線の終わりを告げる敗退といって差し支えないでしょう。

NO IMAGE

起こるか、二度目の大逆転:ユベントス戦

ルーチョバルサによる二度目のレモンターダは、果たして実現するのか。1/8 finalでPSGに対し歴史的大逆転をやってのけたバルセロナが今夜挑むのは、堅守を誇るイタリア王者ユベントスへの3点差逆転です。パリに続き、トリノでもアウェイゴールを奪えなかったことで、ミッションの難易度は☆5つ。いわば出来ないほうが普通の挑戦なのですから、望むのはカンプノウではやれることを全てやり尽くしたと選手たち自身もファンも思えるような、ハートの感じられる試合です。スポーツレベルで激しくアグレッシブにボールを追ってほしい。魂を感じたい。それによってカンプノウが魔法を呼び、レモンターダ第二弾の実現となるかもしれません。

NO IMAGE

ユベントスを圧して、乱して、仕留めて勝つ!

1週間前にトリノでやらかした残念な試合によって、1/8でのPSG戦に続くレムンターダ第二弾が必要となったFCバルセロナ。スコア的には前回のミッションより可能性はあるといえますが、今回の相手はなにせ優勝候補の一角ユベントスです。大会2失点のイタリア王者は文字通り穴がなく、彼らから最低3点奪うのは非常に難易度が高い。アウェイゴールを決められてしまうとほぼそこでゲームオーバーなので、ユーベを封印しつつ、こちらは得点を重ねなければなりません。誇張ではなく完璧な試合が求められ、なおかつ幸運を味方につけることも必要。監督のプランニングも大きなポイントとなります。

NO IMAGE

レアル・ソシエダ戦に求められるのは、逆襲を信じさせるフットボルと勝点3

トリノでの完敗から2日ほど経過して一時の落胆は収まったものの、今度は試合前のコメントと内容のギャップに苛立ちも芽生えている今日この頃。なんにせよフットボルは止まることなく敗者に次の機会を与えてくれますから、ルーチョバルサは土曜日のリーガを、開いた傷口を多少なりとも閉じる薬としなければなりません。今回カンプノウを訪れるのは、元バルサB監督エウセビオ・サクリスタン率いるレアル・ソシエダです。アノエタではめっぽう勝てないバルサですが、逆にラ・レアルはカンプノウでは22年間勝点を持ち帰ったことがなく、目下20連敗中。過去10回の対戦での合計スコアは30-3だそうですから、エウセビオには悪いのですが、バルサが景気よく勝つ試合となってほしいです。

NO IMAGE

ピケ「優勝しなければ大逆転も意味を持たない」

本日3月17日はチャンピオンズ1/4 final の組み合わせ抽選会です。UEFA主催の抽選といえば、バルサが強豪チームと当たる一方で、黒組レアル・マドリーが異常なほどのくじ運を毎回毎回毎回毎回発揮するのが恒例となっていますが、さて今回はどうか。対戦相手は黒いマドリー、赤白いマドリー、バイエルン、ユベントス、ドルトムント、モナコ、レスターのいずれか。最近は結果に萎えてばかりなので、今度こそは納得のくじを期待したいです。“やり易さ”よりも“新鮮さ”の方を満たされる方が嬉しい。その一方でマドリーダービーなんてやってもらえればステキなんですけれど、まずないか。

NO IMAGE

歴史的逆転を信じて:PSG戦

さてやってきました、パリ・サンジェルマンをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ1/8 ブエルタです。優勝は懸かっていませんし、天下分け目でもないトーナメントの1回戦ですが、ルーチョバルサにとっては今季を代表する決戦の一つ。イダでの4-0をひっくり返すという、チャンピオンズではまだどこのチームも達成したことのない難行にもし成功すれば、彼らは文字通りフットボルに歴史を作れる。3週間前は到底可能だとは信じられませんでしたが、そこから「ひょっとして」と思えるように持ってきたのは見事ですし、せっかくなので祭りにしちゃってほしいです。

スポンサーリンク
トップへ戻る