「 Remontada 」一覧

NO IMAGE

ピケ「優勝しなければ大逆転も意味を持たない」

本日3月17日はチャンピオンズ1/4 final の組み合わせ抽選会です。UEFA主催の抽選といえば、バルサが強豪チームと当たる一方で、黒組レアル・マドリーが異常なほどのくじ運を毎回毎回毎回毎回発揮するのが恒例となっていますが、さて今回はどうか。対戦相手は黒いマドリー、赤白いマドリー、バイエルン、ユベントス、ドルトムント、モナコ、レスターのいずれか。最近は結果に萎えてばかりなので、今度こそは納得のくじを期待したいです。“やり易さ”よりも“新鮮さ”の方を満たされる方が嬉しい。その一方でマドリーダービーなんてやってもらえればステキなんですけれど、まずないか。

NO IMAGE

歴史的逆転を信じて:PSG戦

さてやってきました、パリ・サンジェルマンをカンプノウに迎えてのチャンピオンズ1/8 ブエルタです。優勝は懸かっていませんし、天下分け目でもないトーナメントの1回戦ですが、ルーチョバルサにとっては今季を代表する決戦の一つ。イダでの4-0をひっくり返すという、チャンピオンズではまだどこのチームも達成したことのない難行にもし成功すれば、彼らは文字通りフットボルに歴史を作れる。3週間前は到底可能だとは信じられませんでしたが、そこから「ひょっとして」と思えるように持ってきたのは見事ですし、せっかくなので祭りにしちゃってほしいです。

NO IMAGE

大逆転のために攻撃的に

パリでのイダを4-0で落としたことで、ルーチョバルサは地元カンプノウでのブエルタにて少なくとも4得点を決めなければなりません。もし1点を奪われてしまうと、90分以内に6点以上と難易度がさらに無理めにアップ。こちらが完璧な試合をし、尚且つエメリPSGがダメな試合をしないかぎりは、実現はないであろう逆転ミッションです。まずは前半で2-0以上とすることが重要ですが、どのようなアプローチでそれを目指していくか。ルイス・エンリケは5-0で完勝した週末のセルタ戦の後、「私たちはリスクを冒していく」と宣言しており、ここ3試合で採用して機能し始めてきた3-4-3が水曜日も繰り返されると見るのが妥当なところでしょう。

NO IMAGE

マスチェ「逆転は可能」

FCバルセロナがサン・マメスでのスーペルコパ・イダを4-0で落としたことで、いつもとは別の意味で気楽にブエルタを観戦できるクレですが、現場のオレたちはまだ勝負を諦めてはいないぞ、とのメッセージが監督・選手たちから届いています。それらに共通するのは、レモンターダ(逆転)は難しいけれど、決して不可能ではない、少なくとも自分たちは可能だと信じているというもの。その言葉をファンが信じられるかどうかの多くは、試合開始の笛が鳴ってからのチームのパフォーマンス次第とはいえ、このバルサならひょっとしてと夢みたい気持ちもあるので、奇跡的・歴史的レモンターダを期待したいと思います。

NO IMAGE

ルーチョチームは逆転勝利を信じる

2014年もいよいよ、残すところあと2日となりました。いつもと同じように、悲喜こもごもたくさんのニュースがあったこの1年。6年ぶりの無冠、幾つもの混乱、そしてなによりティト・ビラノバの急逝という悲しすぎる出来事のあった年でしたが、新たに訪れる2015年がすべてのバルセロニスタにとって喜びに満ちた年になりますようにとばかりです。と、年の暮れと正月に重きを置く我々日本人ですが、スペイン方面はクリスマスも終わり、明日30日からはルーチョチームが新年初戦へと向けて始動します。バルサのシーズン後半戦のテーマはずばり、反撃と逆転。猛威を振るったマドリーを抜き返し、リーガで勝つことを目指しチームは戦っていきます。

スポンサーリンク
トップへ戻る