ルーカス・リマ 現る

ルーカス・リマ 現る

南米の放送局 Fox Sports Radio のブラジル人記者、ベンジャミン・バックが昨日明かした意外なニュースが反響を呼んでいます。それはFCバルセロナがサントスFCのブラジル代表セントロカンピスタ、ルカス・リマ(26)と4年契約を結ぶだろう、というもの。リマの代理人はネイマールの父親が務めていまして、彼がバルサに獲得を進めたとされています。

2017年6月21日(水)のバルセロナスポーツ紙:中盤選手たちのウワサ話

2017年6月21日(水)のバルセロナスポーツ紙:中盤選手たちのウワサ話

2017年6月21日(水)のバルセロナスポーツ紙は、久しぶりにベラッティではない選手たちが表紙に。MDは二人のセントロカンピスタ顧客について話すためメンデス代理人がバルサと会ったという話題。SPORTはブラジルではバルサ移籍確実と報じられているセントロカンピスタがトップニュースになってます。

ベラッティの値段は・・・

ベラッティの値段は・・・

バルセロナ系スポーツ新聞のMDとSPORTは時々、表紙で示し合わせたように似た見出しを付けますが、この6月20日もそんな感じでした。MDが「7,000万ユーロ」で、SPORTが「8,000万ユーロ」。最近の一番の注目であるマルコ・ベラッティの推定移籍金を示す数字です。

バルサはデウロフェウを買い戻す

バルサはデウロフェウを買い戻す

スポーツディレクターのロベルト・フェルナンデスが2ヶ月前に示唆していたとおり、バルサはジェラール・デウロフェウの買い戻しオプションを行使し、エバートンに1,200万ユーロを支払うことを決断した模様です。情報元は英国のTHE TIMES紙なので、信憑性は高そうです。

おすすめ

トップへ戻る