2017年7月13日(木)のバルセロナスポーツ紙:右ラテラル補強 第二幕へ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

2017年7月13日(木)のバルセロナスポーツ紙は、右ラテラル補強が大きな話題です。ベジェリン獲得の選択肢がほぼ却下されたことはMDもSPORTも共通し、新たな候補者たちを獲る動きが活性化と伝えています。セメドの注目度が上がってきました。違いはMDがC案にパレンシアを挙げ、SPORTがシディベもまた有力候補にしているところ。

スポンサーリンク

MD「ラテラルのジレンマ」

  • ■ベジェリン獲得がほぼ却下され、バルサは右SBの他の選択肢を活発にする
    プランA=ベジェリン、プランB=セメド、プランC=パレンシア
  • ■セメドは好まれ、すでにコンタクトもある一方、二軍のセルジ・パレンシアも評価される
  • その他の見出し
  • ■バルベルデの初日:トップチーム選手がわずか9人だけ参加した最初のトレーニングでチングリ時代が始まる
  • バルセロナ市役所がエスパイ・バルサのための都市計画変更を承認
  • ■アトレティコ:ビトロは1月にロヒブランコとなる
  • ■レアル・マドリー:国税庁CR7のクルーザーを調査
  • ■テニス・ウインブルドン:決勝戦を目指すガルビニェ
  • ■バスケット:バルサがMoermanを獲得

SPORT「ラテラル補強 新作戦」

  • ■ベジェリン獲得が却下された後、バルサは二つの優先的な選択肢を活発化
  • ■セメド:ポルトガルではバルサが3,000万ユーロのオファーを出したと報じられる
  • ■シディベ:モナコはオファーを待ち、バルサはすでに彼の周囲と
  • その他の見出し
  • ■チャビ「僕なら、バルサを出ていった選手を決して獲得しないだろうね」
  • ■クリスティアノのクルーザーに国税警察が乗り込む
  • 出来事
  • バルベルデ時代の初トレーニングがシウタット・エスポルティーバのティト・ビラノバ グラウンドで行われた。バルサBからはオルトラアレニャククレヤパレンシアが参加。
  • ■すでに来日中のピケネイマールアルダに加え、レオ・メッシも東京に到着。
  • ■広州恒大がパウリーニョへのバルサの2度目のオファーも断る。
  • ■バルセロナ市がバルサのカンプノウ周辺整備計画エスパイバルサを承認。
キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る