2017年10月05日(木)のバルセロナスポーツ紙:対話を訴えるピケ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

2017年10月05日(木)のバルセロナスポーツ紙は、スペイン代表合宿で会見に登場した渦中のジェラール・ピケが主役。対話の重要性を訴えたピケの言葉が表紙でも多く使われています。メッシ擁するアルゼンチンの南米予選も注目度高し。

スポンサーリンク

MD「対話」

  • ■「対話」:立ち向かうピケ。ラ・ロハを続け、スペインとカタルーニャの橋渡し役を求める
  • ■「とても重大な政治問題がある。話し合うか、事ある毎に先へ行くかだ」
  • ■「僕はここに15歳からいて、家族のようなものだよ。だから僕は代表を続けてる」
  • ■「セルヒオ・ラモスとの関係は最高。一緒にビジネスをできるほどにね」
  • その他の見出し
  • ■ワールドカップ出場を懸けてプレーするメッシ:アルゼンチン対ペルー。希望を残すためには、今日ボンボネラで勝たねばならないアルビセレステ。
  • ■調停委員会に加入するバルサ
  • ■0-4:女子チャンピオンズでバルサ輝く
  • ■レアル・マドリー:ほぼ6ヶ月間、先発で揃わないBBC
  • ■バスケットボール:オリンピック・デ・バダロナがデルビーでリーガ初戦

SPORT「残る」

  • ■彼は残る(夏のネイマール騒動でピケが使い、流行した言葉)
  • ■決断:「代表は僕の家族だから、続けていく。僕のコミットメントを疑うのは不可能だ」
  • ■苛立ち:「僕に指笛を吹く人がいるのは知ってるけど、この状況をひっくり返したい」
  • ■衝突:「敬意を持つことで、上手くいくかもしれない。スペインには問題がある。でも対話は全てに耐えられる」
  • その他の見出し
  • ■カタルーニャ・スペイン危機の調停を買って出るバルサ
  • ■アルゼンチンとW杯出場を賭けてプレーするメッシ
  • ■ルイス・エンリケに打診するバイエルン
  • バスケットボール:バダロナでの不揃いなダービー
  • 出来事
キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る