「 アンドレ・ゴメス 」一覧

アンドレ・ゴメスの使い方が見えてきた

アンドレ・ゴメスの使い方が見えてきた

アンドレ・ゴメスが少しずつ、自信を掴んできているように見えます。サン・マメスでのアスレティック戦は4-4-2の左サイド、もしくは偽エストレーモとしてプレーをし、スペースへの飛び出しで存在感を発揮。積極的に前へ出て、動きも効果的になってきていました。

どうなる?放出オペレーション

どうなる?放出オペレーション

昨日8月31日をもって移籍マーケットが終了となったイングランド、ドイツ、フランスなどに続き、スペインでも今日9月1日に選手移籍が締め切られます。渦中のフィリッペ・コウチーニョが奇跡的なバルサ移籍となるのか、それはそれで気になるのですが、その可否にかかわらずどうにかせねばならないのが

アンドレ・ゴメスへの良いオファー・・・だが断る

アンドレ・ゴメスへの良いオファー・・・だが断る

21日付のSPORTウェブが “バルサがアンドレ・ゴメスへの3,500万ユーロのオファーを断った!”と伝えています。元々はCatalunya Radio の番組 Tot Coosta でシャビ・カンポス記者が明かしたネタだそうですが、バレンシアに去年支払った固定額分を回収できるオファーを、バルサはアンドレが移籍不可だとして断ったと。

NO IMAGE

キケ・セティエン、ゴメスを高く評価

先週末バルサが5-0で圧勝したUDラス・パルマスは、バルセロナとよく似たプレー哲学を持つチームです。どちらのチームも、基本とするのはボールポゼッション。彼らもまたボールを保持することでリズムを作り、相手を脅かし、魅力的なフットボルでリーガを盛り上げています。その攻撃的チームを率いるのは、「クルイフのバルサを見て私の世界が開いた」(AS)というキケ・セティエン監督。カンプノウではルーチョチームの完勝となりましたが、後半戦のグラン・カナリアでの試合では、逆にバルサが相当苦しられることでしょう。昨季は主導権を握られ、トリデンテパワーでどうにか勝ったバルサでした。

トップへ戻る