「 カンプノウ 」一覧

来季、カンプノウに“名字”が付くかも・・・?

来季、カンプノウに“名字”が付くかも・・・?

エミレーツ・スタジアム、アリアンツ・アレナ、エティハド・スタジアム、パナソニックスタジアム吹田 etc・・・。スタジアムの収入源として、アメリカ合衆国を中心にイングランド、ドイツなどで盛んになっているネーミングライツですが、その流れがカンプノウにもやって来そうだぞという話...

NO IMAGE

カンプノウの芝生、ハイブリッド化

FCバルセロナの本拠地カンプノウの芝生が来季より、天然芝に一部人工芝を混ぜたハイブリッド仕様になるそうです。欧州のビッグクラブではグラウンドのハイブリッド化が進んでいるらしく、プレミアリーグは大半がハイブリッド芝生を使用。スペインでもサンチャゴ・ベルナベウやエル・マドリガルでこの芝が用いられています。ハイブリッド芝生を使用する一番の理由は耐久性の向上。最新テクノロジーによって、天然芝のプレーコンディションはそのままに大幅に耐久性が増えるそうです。

NO IMAGE

新カンプノウは“日本製”

FCバルセロナは数年前より、“エスパイ・バルサ”(バルサスペース)と名付けられたスタジアム周辺改修プロジェクトを進めています。カンプノウ、そして隣接するパラウ・ブラウグラナを新/改築することによってラス・コルツ地区に世界最高クラスのスポーツ複合施設を完成させよう!というもので、数日前に新パラウのデザイン案が、火曜日に新カンプノウ Nou Camp Nou の改修案が正式に発表となりました。新カンプノウの設計コンペで勝利したのは、日本の日建設計とカタルーニャの建築事務所の合同チーム。水曜日のメディアはメイド・イン・ジャパンのエスタディができるぞ、と大きく取り上げています。

NO IMAGE

カンプノウに苗字?

本日2月5日は、FCバルセロナの副エース、ネイマール・ダ・シルバの23歳の誕生日です。奇しくもネイは白いチームの7番さん(三十路入り)と同じ日の生まれだそうですが、MUNDO DEPORTIVO紙の比較によると、23歳時の総ゴール数ではネイマールが公式戦219ゴールなのに対して、ロナウドは107ゴールと。だからどうだということはないですが、バルサの次期エースが大きなポテンシャルを秘めていることは間違いなく、あと数年後はどれほどの選手になっているのだろうと思うと胸ときめかずにはいられません。そのネイマールは昨日まで、クラブの代表としてピケと共にドーハ出張。カタール航空の宣伝イベントに出席しています。

トップへ戻る